塩沢紬(読み)しおざわつむぎ

世界大百科事典 第2版の解説

しおざわつむぎ【塩沢紬】

絹織物の一種。伝統的工芸品指定品。新潟県塩沢地方で18世紀後半からある越後上布の絣や縞の技法を,麻から絹へ原料を替えて織りついだ紬織物。経糸小節こぶし)のある光沢の少ない玉糸を選び,(ぬき)糸に真綿手紡糸を使った精巧な十字絣(蚊絣)が特徴。絣糸地糸を混ぜて柄をおさえた表現が,紬地と合って上品な渋さを持つ。地緯に御召(おめし)緯を入れた塩沢御召もある。1万5000反織り出され(1975),安定した生産が続いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

塩沢紬
しおざわつむぎ

新潟県南魚沼(みなみうおぬま)市の塩沢地区でつくられる紬。この地方は越後縮(えちごちぢみ)の伝統的生産地で、その製織技術を生かして座繰(ざぐり)糸を使い、結城(ゆうき)紬と同様、渋さのあるざっくりとした味に仕上げた織物。一部に紬糸を使ったものもあるが、一般には玉糸のものが多い。柄は絣(かすり)が多く、摺(す)り込みによって絣糸をつくり、地を薄色にして新柄を出している。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

塩沢紬[染織]
しおざわつむぎ

北陸甲信越地方、新潟県の地域ブランド。
南魚沼市で製作されている。塩沢の織物の歴史は古く、奈良時代に織られた麻布が奈良の正倉院に保存されている。塩沢紬は麻織物の技術技法を絹織物にとり入れ、江戸時代に織り始められた。原料に生糸・玉糸・真綿手紡糸を使用。手くくりなどでつくられた絣糸を一本一本手作業で合わせて織りあげられる。1975(昭和50)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android