コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増す/益す マス

デジタル大辞泉の解説

ま・す【増す/益す】

[動サ五(四)]
数量や程度が大きくなる。⇔減る
㋐多くなる。ふえる。「体重が―・す」
㋑高まる。進む。「秋になると食欲が―・す」「不安が―・す」
㋒(「…にもまして」の形で)あるものよりも、もっと程度が上であることを表す。「前にも―・して元気になる」
数量や程度を大きくする。⇔減らす
㋐加える。また、加えて大きくする。ふやす。「人員を―・す」「紅葉が渓谷の景観を―・す」
㋑高める。伸ばす。進める。「興味を―・す」「親しみを―・す」
㋒すぐれるようにする。まさらせる。
「待てと言ふに散らでしとまるものならば何を桜に思ひ―・さまし」〈古今・春下〉
[可能]ませる
[用法]ます・ふやす――「権力が増す」「人気が増す」「水かさが増す」のように、「増す」が「が」をともなう場合は、物の量・程度が多くなるで用いる。◇「速度を増す」「明るさを増す」「人手を増す」と「増す」が「を」をとる場合、物の量・程度を多くする意で用いる。◇「ふやす」は「貯金をふやす」「文庫の本をふやす」のように「を」をとる用法だけで、物の数・量を多くする意に使う。◇類似の語の「ふえる」は、「町の人口がふえた」「体重が五キロふえた」と「が」をともない、具体的な物の数・量が多くなる意に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

増す/益すの関連キーワード神は人の敬うによって威を増す灯滅せんとして光を増すスプリットフラップ死に花を咲かせる人増せば水増すパスカルの原理真っ赤になるストリンガー花を添えるチャンネル出立ち映え目が肥える腕が上がる年功序列生物濃縮成増さる加速度的表皮効果時効硬化高速気流