コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壊血病 カイケツビョウ

7件 の用語解説(壊血病の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいけつ‐びょう〔クワイケツビヤウ〕【壊血病】

ビタミンCの欠乏によって起こる病気。皮膚や歯肉からの出血、貧血、衰弱などの症状がある。人工栄養乳児にみられるものを、報告した二人の医師の名からメラーバーロー病ともよぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壊血病【かいけつびょう】

ビタミンC不足による疾患。種々な部位の結合組織の形成が不良となり,出血傾向を示すもの。初期症状は,倦怠感,皮膚蒼白(そうはく)・乾燥で,皮膚の点状出血が起こり,やがて歯ぐき,筋肉,粘膜,骨膜,皮下に出血が起こる。
→関連項目ビタミン欠乏症

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

壊血病

 ビタミンC欠乏の症状で,歯肉の出血,食欲不振などを示す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かいけつびょう【壊血病 scurvy】

ビタミンCの欠乏によって起こる病気。成人の場合は生野菜の摂取不足,長い間の感染症,熱病のあと起こる。昔は大洋を航海する船中でよく発生し,恐れられた。小児の場合は,ビタミンCの配合を誤った人工栄養,とくに穀物のみの人工栄養などによって起こり,これをメラー=バロー病といった。現在はビタミンCの補給が十分に行われているためみられなくなった。 成人の壊血病では,まず毛根周囲の角化,出血から始まり,しだいに大きな皮下出血(紫斑)が主として手足に広がり,また静脈血栓を起こしてその部分は膨張して痛む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいけつびょう【壊血病】

ビタミン C が欠乏して起こる病気。歯肉からの出血・全身倦怠・衰弱などの症状がある。乳児の壊血病はメラー-バーロー病と呼び、骨形成障害が現れる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壊血病
かいけつびょう

ビタミンC」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壊血病
かいけつびょう

ビタミンC(アスコルビン酸)の欠乏による疾患で、ビタミンCの摂取不足、腸管からの吸収障害、細菌感染などによる体内需要量の増大などが誘因となる。症状は出血および骨変化を特徴とする。すなわち、毛嚢(もうのう)周囲に出血がみられる毛嚢角質部の増殖や腫脹(しゅちょう)、歯間乳頭部の出血や腫脹、そのほか、外力の加わるところに出血がおこりやすい。また、歯や骨の発育が悪く、骨折をおこしやすい。生後6か月以後の人工栄養児に主としてみられる乳児壊血病は、記載した2人の医師名をとりメーラー‐バーロウ病Mller-Barlow diseaseともよばれる。この場合、体重の増加が停止し、骨成長に重要な骨端軟骨部における骨質の新生が障害され、骨膜下出血をおこしやすく、おむつを交換するときに泣くことから気づくことが多い。
 治療は、乳幼児ではビタミンCを100~200ミリグラム、成人では500~1000ミリグラムを毎日静脈注射し、症状が改善されたら1日の所要量(成人で50ミリグラム)を摂取するように切り替える。予防には、ビタミンCに富む緑野菜、柑橘(かんきつ)類、イチゴ、緑茶を摂取するが、とくにビタミンCは熱に弱いので、調理の際にビタミンCを破壊しないように注意する。また、妊婦や授乳期間中の婦人はビタミンCの所要量が亢進(こうしん)するので、妊婦は1日60ミリグラム、授乳婦は85ミリグラムは摂取する必要がある。
 なお、壊血病は古くから知られ、十字軍の遠征時や大航海時代には患者が多数発生して恐れられた。18世紀中ごろになって、野菜や果物を食べると予防と治療に効果のあることが立証された。20世紀になって、脚気(かっけ)の実験で知られる鳥類白米病をモルモット(テンジクネズミ)で試みたところ壊血病をおこし、野菜を与えると治癒したことから、壊血病に対する予防と治療に役だつ有効物質の検索が進められるようになり、やがてビタミンCが発見された。多くの動物ではブドウ糖から出発してアスコルビン酸をつくる生合成の経路を体内にもっているので壊血病にはなりにくいが、ヒト、サル、モルモットではこの経路の一部が欠けているために生合成されず、不足すると壊血病をおこす。そのほか、最近アスコルビン酸の抗癌(こうがん)作用、抗アレルギー作用、解毒作用などの薬理作用が注目されている。[橋詰直孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の壊血病の言及

【ビタミン】より

…どのビタミンについても,それが欠乏すると欠乏症が起こり,生体は正常な成長発育ができず,健康を維持することもできなくなる。
[ビタミン発見,研究の歴史]
 壊血病の予防には野菜や果物の摂取が必要であることは,17~18世紀には経験的に明らかになっていた。しかし,生理学,栄養学的にビタミンの研究が進んだのは,19世紀後半になってからであった。…

※「壊血病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

壊血病の関連キーワード栄養性疾患脚湾曲麻痺巨赤芽球欠乏性貧血後天性ビタミンB12欠乏小児脚気ビタミン欠乏ビタミンC欠乏ビタミンD欠乏性くる病ビタミンB2欠乏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壊血病の関連情報