コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジン

デジタル大辞泉の解説

じん【×壬】

十干の第九。みずのえ。

じん【壬】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ジン(漢) ニン(呉) [訓]みずのえ
十干の第九。みずのえ。「壬申
[名のり]あきら・つぐ・み・みず・よし
[難読]壬生(みぶ)

みず‐の‐え〔みづ‐〕【×壬】

《「の兄(え)」の意》十干の9番目。じん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じん【壬】

十干の第九。みずのえ。

みずのえ【壬】

〔水の兄の意〕
十干じつかんの第九。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

壬の関連キーワード豊臣秀吉の朝鮮侵略文禄・慶長の役若桜部五百瀬大神高市麻呂天の川の太陽アバレキラー和珥部大石済物浦条約閻魔堂狂言長等の山風大伴安麻呂忍壁親王滋賀の都朴井雄君蘇我赤兄三奇六儀高市皇子壬午の変御門拝み京城事変

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

壬の関連情報