コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変体仮名 ヘンタイガナ

百科事典マイペディアの解説

変体仮名【へんたいがな】

平仮名のうち,現在一般に行われている字体(1900年小学校令施行規則で定められたもの)に対して,文字の種類としては同一であるが,字体が異なると考えられているもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

へんたいがな【変体仮名】

仮名の字体はさまざまなものが用いられてきたが,1900年小学校令施行規則の第1号表によって平仮名,片仮名それぞれが現行の字体に定められた。変体仮名とは,主として平仮名の〈いろは〉47種と〈ん〉について,この表で示された通用の字体とは異なった形のものをいう。変体仮名には,(1)平仮名と同一字源でそれほど草略化が徹底していないもの――(い),(か),(の)など,(2)草略化の方法のちがうもの――(お),(な),(も)など,(3)字源のちがうもの――(か),(こ),(た),(は)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

へんたいがな【変体仮名】

現行の通常の平仮名とは異なる字体の仮名。1900年(明治33)の「小学校令施行規則」で統一された平仮名の字体以外の仮名。漢字の草体の簡略化が進んでいないものや、現行の仮名のもとになった漢字とは異なる漢字の草体から生まれた仮名。「〓(い)」「〓(か)」「〓(こ)」「〓(た)」の類。現在でも女性の手紙、商店の看板などに用いられることがある。 → 平仮名異体仮名

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

変体仮名
へんたいがな

平仮名の字体のうち、現在普通には用いられないもの。9世紀以後成立、発達を遂げた平仮名には、その母胎となった万葉仮名に種々のものがあった。たとえば、アの音を表すものにも「あ」(安から)のほかに(阿)、(悪)などがあって併用されたが、1900年(明治33)の小学校令施行規則により学校教育での統一が行われ、標準の字体以外はしだいに使用されないようになり、現在に至っている。[月本雅幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

変体仮名の関連キーワードうつほ物語異体仮名異体文字古筆学異体字姓名草体女手

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変体仮名の関連情報