コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外浪逆浦 そとなさかうら

4件 の用語解説(外浪逆浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外浪逆浦
そとなさかうら

茨城県南東部,神栖市潮来市にまたがる汽水湖。面積 5.9km2,周囲 12km,最大水深 8.9m。北浦から流出する鰐川,霞ヶ浦から流出する北利根川の水を受け,常陸利根川を介して利根川に排水。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そとなさかうら【外浪逆浦】

茨城県南東部,鹿島郡神栖(かみす)町と行方(なめがた)郡潮来(いたこ)町の間に位置し,常陸利根川の一部をなす水域。北浦とは鰐(わに)川,霞ヶ浦とは北利根川で通じる。面積7.3km2,最大深度7m。古くは流海(ながれうみ)などとよばれ,内陸部への海浸部を構成した。満潮時に海水が河水を押さえ,波浪が逆流したのが浪逆の名の由来といわれ,《万葉集》巻十四に〈常陸なる浪逆の海の玉藻こそ引けば絶えすれあどか絶えせむ〉の歌がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕外浪逆浦(そとなさかうら)


茨城県南東部、北浦(きたうら)の南方にある海跡湖(かいせきこ)。面積6.01km2。北浦から鰐(わに)川、霞ヶ浦(かすみがうら)から常陸利根(ひたちとね)川が流入し、常陸利根川で利根川本流に排水。水郷筑波(すいごうつくば)国定公園に属する。北西に湾入していた内浪逆浦(うちなさかうら)は干拓で消滅した。かつては汽水域でシジミ・ボラなどの漁獲があったが、1971年(昭和46)常陸川逆水門の完成により淡水化。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外浪逆浦
そとなさかうら

茨城県南東部、北浦の南にある湖。神栖(かみす)市と、潮来(いたこ)市とに属し、南は千葉県に接する。面積7.3平方キロメートル、周囲15キロメートル、最大深度7メートル、水面高度0メートルの富栄養湖。名称は満潮時に逆流して波浪がたつことによる。北浦からの鰐(わに)川と霞ヶ浦(かすみがうら)からの旧北利根(とね)川(常陸(ひたち)利根川)が流入する。周囲は干拓が進んでいる。ボラ、シジミの漁獲量は茨城県第1位。干拓地の一部は潮来ニュータウン住宅地となった。水郷筑波(すいごうつくば)国定公園に含まれる。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外浪逆浦の関連キーワード神栖鹿嶋鹿島臨海工業地帯鹿行神栖[町]茨城県神栖市神栖茨城県神栖市神栖〈町〉大洋〈村〉鉾田〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone