コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多々良沼 たたらぬま

世界大百科事典 第2版の解説

たたらぬま【多々良沼】

群馬県館林市の北西部,利根川と渡良瀬川にはさまれた低湿地にある湖沼群の一つ。沼の北東部の低湿地は第2次世界大戦後干拓されて水田地帯となったが,西部と南部の湖岸に残された低湿地は風致地区として自然が保護されている。コイ,フナなどの釣場として人気があり,沼の南東側につらなる古砂丘の松林も風致地区になっている。【有末 武夫

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

多々良沼の関連キーワード群馬県邑楽郡邑楽町群馬(県)館林(市)

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android