大倉 邦彦(読み)オオクラ クニヒコ

20世紀日本人名事典の解説

大倉 邦彦
オオクラ クニヒコ

大正・昭和期の社会思想家,実業家 東洋大学学長。



生年
明治15(1882)年4月9日

没年
昭和46(1971)年7月25日

出生地
佐賀県神埼郡

旧姓(旧名)
江原 邦彦

別名
号=三空居士(サンクウコジ)

学歴〔年〕
東亜同文書院商務科〔明治39年〕卒

経歴
明治39年大倉洋紙店に入社。45年社長大倉文二の婿養子となり、大正9年社長に就任。わが国の教育界・思想界の乱れを憂え、私財を投入して東京・目黒に富士見幼稚園を開いたり、郷里の佐賀に農村工芸学院を開設したほか、昭和7年大倉精神文化研究所を開設した。わが国の基本的な古典を集めた「神典(しんてん)」を編纂するなど、所長として研究所の運営・指導にあたり、各分野の研究者を集めて学術研究を進めるとともに、精神文化に関する内外の図書を収集して附属図書館も開設。また、12年東洋大学学長に就任し、18年までの2期6年務めた。この間、15年には実業界から退き、文化活動に専念。20年A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに拘禁されたが、23年嫌疑がはれて釈放された。同年特種製紙社長に復帰し、25年から会長。27年には研究理事長兼所長に復帰、29年大倉洋紙店社長に復帰した(36年から会長)。33年タゴール記念会理事長、37年の皇学館大学の創立に際して学事顧問。39年から開催された大倉山座禅会では、その指導にあたった。著書に「感想(其1)〜(其13)」「処世信念」「勤労教育の理論と方法」「日本産業道」「随想 飛び石」「日本精神の具体性」「産霊の産業」「勤労世界観」などや、「大倉邦彦選集」(潮文閣)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大倉 邦彦 (おおくら くにひこ)

生年月日:1882年4月9日
大正時代;昭和時代の社会思想家;実業家。東洋大学学長;大倉洋紙店社長
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android