大和高田市(読み)やまとたかだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和高田〔市〕
やまとたかだ

奈良県北西部,奈良盆地の南西部にある市。 1948年市制。 56年陵西村,57年天満村を編入。大和川の支流高田川と葛城川の沖積地を占める。中心市街地の高田は,戦国時代当麻氏が築城,その後寺内町,大坂と伊勢を結ぶ参宮街道宿場町として繁栄。江戸時代以降は商業の町として発展した。古くから大和木綿の産地として知られたが,1898年紡績工場が設立され,その後メリヤス,靴下,ゴム,ボタンなどの工場が進出した。第2次世界大戦後は食品,金属などの工場も立地。県下屈指の商工業都市。農村部では野菜,花卉園芸が行われるが,宅地化も著しい。 JR和歌山線高田駅で桜井線を分岐。近畿日本鉄道,国道 24号線,165号線,166号線が通じる。面積 16.48km2。人口 6万4817(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大和高田市の関連情報