コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大塚保治 おおつかやすじ

3件 の用語解説(大塚保治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大塚保治
おおつかやすじ

[生]明治1(1868).12.20. 群馬
[没]1931.3.2.
美学者。 1891年帝国大学文科大学を卒業。 96~1900年,美学研究のためヨーロッパへ留学。帰国後同大学教授となり,美学,美術史講座を担当。日本における美学研究の基礎を築いた。著作には死後にまとめられた『大塚博士講義集』 (2巻) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおつか‐やすじ〔おほつかやすヂ〕【大塚保治】

[1868~1931]美学者。群馬の生まれ。東大教授。日本における美学を確立。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚保治 おおつか-やすじ

1869*-1931 明治-昭和時代前期の美学者。
明治元年12月20日生まれ。妻は大塚楠緒子(くすおこ)。明治29年ヨーロッパに留学,帰国後,東京帝大美学講座の初代日本人教授となる。文展創設を進言し,美術審査員としても活躍。学士院会員。遺稿に「大塚博士講義集」がある。昭和6年3月2日死去。64歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。帝国大学卒。旧姓は小屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の大塚保治の言及

【大塚楠緒子】より

…本名久寿雄。東京控訴院長大塚正男の長女で,夫は東大教授で美学者の大塚保治。東京女高師付属女学校,明治女学校を卒業。…

【官展】より

…これは,日本美術,洋風美術それぞれの新旧諸流派が対立し反目し合う美術界に共通の場を与え,抗争を収拾して美術の振興を図ることを目的として設けられたもので,その年の6月,勅令をもって官制が発布され,10月から11月にかけて上野公園で第1回展が開催された。東京帝国大学教授大塚保治の建議,正木直彦や黒田清輝らの運動が開設をうながしたという。時の首相は西園寺公望,文相は牧野伸顕であった。…

※「大塚保治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大塚保治の関連キーワード小野重行坂湛桜井忠胤佐々木文一橋本実穎林喜右衛門真家信太郎松平直徳矢川ミキ湯浅一郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大塚保治の関連情報