コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大多喜城 おおたきじょう

日本の城がわかる事典の解説

おおたきじょう【大多喜城】

千葉県夷隅(いすみ)郡大多喜町にあった戦国時代から江戸時代にかけての平山城(ひらやまじろ)。同県史跡。戦国時代の真理谷氏(上総武田氏)、正木氏の城で、江戸時代には大多喜藩の藩庁が置かれていた。同城は古くは小田喜城あるいは根古屋城と呼ばれ、真里谷城主の武田信興の次男信清が館山城の里見氏に備え、1521年(大永1)に築城したものである。1544年(天文13)、信清の後を継いだ真理谷朝信の代に、里見氏の武将・正木時茂が同城を奪い、以後正木氏3代の居城となった。1590年(天正18)、里見氏の上総領は惣無事令違反により、豊臣秀吉に没収され、関東に国替えになった徳川家康に与えられた。家康は大多喜城に本多忠勝を入城させ、大多喜藩10万石が成立した。忠勝は里見氏への備えとして城の整備に着手し、3層4階の天守を持った近世の城郭に改築し、城下町を整備した。忠勝が築いた大多喜城は夷隅川を天然の外堀として、本丸天守のほか二の丸に御殿が建てられ、二の丸と三の丸には9つの隅櫓(すみやぐら)と城門が配された堅固な城郭であった。なお、「小田喜」の地名は、このころ家康により「大多喜」に変えられたとされる。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いの後、忠勝は伊勢桑名に転封となり、忠勝の次男忠朝が旧領5万石を与えられて大多喜城主となった。しかし、忠朝は1615年(元和1)の大坂夏の陣で戦死し、甥の本多政朝が後を継いだが、政朝は1617年(元和3)に播州龍野に転封となった。こののち、阿部氏、青山氏、稲垣氏が大多喜城主となり、1703年(元禄16)、大河内松平正久が2万石で入城し、以後明治維新まで、大河内松平氏9代が城主をつとめた。同城は江戸時代初期は里見氏への押さえから重視されていたが、里見氏の転封により、その重要性はしだいに薄らいでいった。17世紀半ばには一時期廃藩になった時期もあったことから、城は荒廃し、その後再建された大多喜城は、本多忠勝が築城した城に比べ規模も小さくなっていたようである。山頂の天守は1842年(天保13)に焼失。その後、天守は再建されず、1870年(明治3)には城は取り壊された。現在、本丸跡に建つ天守は1975年(昭和50)に、1835年(天保6)の図面をもとに復元・再建されたもので、内部には千葉県立中央博物館大多喜城分館(旧千葉県立総南博物館)がある。本丸付近には土塁、大手門付近に堀跡、二の丸跡に大井戸が現存する。また、かつて二の丸にあった御殿薬医門が大多喜高校に移築・保存されている。いすみ鉄道大多喜駅から徒歩約20分。◇大滝城とも記される。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おおたきじょう【大多喜城】

千葉の日本酒。酒名は、昭和50年(1975)県立総南博物館として大多喜城が復元されたのを記念して命名。大吟醸酒、純米大吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒などがある。平成16、17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、美山錦、アケボノ。蔵元の「豊乃鶴酒造」は天明年間(1781~89)創業。所在地は夷隅郡大多喜町新丁。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大多喜城の関連キーワード千葉県夷隅郡大多喜町大多喜千葉県夷隅郡大多喜町ビベロ・イ・ベラスコ大多喜(町)大多喜藩真里谷城阿部正次阿部正澄勝浦城万木城臼井城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大多喜城の関連情報