コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村彦太郎(初代) おおむら ひこたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大村彦太郎(初代) おおむら-ひこたろう

1636-1689 江戸時代前期の商人,俳人。
寛永13年生まれ。慶安5年京都に材木店白木屋を開業。その後,呉服,木綿などの販売で富をえた。寛文2年江戸日本橋にひらいた店が,明治以降白木屋百貨店へと発展した。北村季吟俳諧(はいかい)をまなぶ。元禄(げんろく)2年1月20日死去。54歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は可全。号は道慈

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大村彦太郎(初代)

没年:元禄2.1.20(1689.2.9)
生年:寛永13(1636)
江戸前期の商人。幼名は彦四郎。号は可全。屋号は白木屋。近江国(滋賀県)長浜村生まれ。幼くして父母を失い,母方の長浜の材木商河崎家で育った。慶安4,5(1651,52)年ごろ,河崎家の援助で京都に材木店を出店,さらに寛文2(1662)年に江戸の通町に小間物店を設け,本格的に江戸での商売を始めた。以後,呉服の取り扱いを拡大し,元禄10(1697)年には本町通の大呉服店17軒の一角に挙げられるに至っている。初代彦太郎によって地歩の固められた白木屋は,江戸の代表的な呉服問屋として,戦後,東急百貨店日本橋店となるまで続いた。<参考文献>『白木屋三百年史』,林玲子『江戸問屋仲間の研究』

(谷本雅之)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大村彦太郎(初代)の関連キーワード大村彦太郎(10代)白木屋[株]大村光枝俳人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android