コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大東市 だいとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大東〔市〕
だいとう

大阪府東部,生駒山地西斜面から河内平野に広がる市。 1956年住道町,四条町,南郷村が合体して市制。江戸時代中期に深野池 (ふこのいけ) が干拓され,新田化した平野部では米作や集約的な野菜栽培が行なわれる。中心市街地住道付近は,第2次世界大戦前から紡績業が盛んで,戦後は電気機器や魔法瓶工場などが進出した。山麓には鉄線,金網などの中小工場が分布。東高野街道沿いの野崎には「野崎参り」で知られた慈眼寺 (野崎観音) がある。飯盛山など東部の山地一帯は金剛生駒紀泉国定公園に属する。 JR片町線,国道 170号線が通じる。面積 18.27km2。人口 12万3217(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だいとう‐し【大東市】

大東

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大東市の関連情報