コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大船渡湾 おおふなとわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大船渡湾
おおふなとわん

岩手県南東部,大船渡市に面する湾。湾奥に注ぐ川(さかりがわ)の溺れ谷。昔は箭崎入江といわれた。湾口の幅約 1kmで,南に向き,奥行約 6km,幅平均 2km,水深平均 20mの細長い入江で天然の良港。カキ,ノリなどの養殖が行なわれる。湾奥西岸は大船渡臨海工業地区で,1万t級船舶の岸壁が完成。1960年チリ地震の津波による大被害ののち,湾口に防波堤を築いた。しかし 2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により,再び大きな被害を受けた。湾内には珊琥島(国の名勝),水鶏島(くいなじま),前島,琵琶島などが浮かび,湾口西岸の碁石海岸は国の名勝・天然記念物。さらに西に国指定天然記念物の館ヶ崎角岩岩脈がある。これらは三陸復興国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおふなとわん【大船渡湾】

岩手県の南東部にある湾。湾奥に注ぐ盛(さかり)川(断層谷)がつくったおぼれ谷で,古くは箭崎(やざき)入江と呼ばれた。湾口の幅1kmで南に向き,奥行き6km,幅平均2km,水深平均20mのすぐれた港湾である。1960年のチリ地震津波による大被害の復興事業の一環として,国内初の深海防波堤(南岸291m,北岸244m)が湾口部に建設された。大船渡臨海工業地区の造成に伴い,湾内には小野田セメント(現,秩父小野田)の専用1万t岸壁,木工団地のある茶屋前地区に1万t岸壁,3000t岸壁が整備された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県〕大船渡湾(おおふなとわん)


岩手県、陸中(りくちゅう)海岸南部にある湾。碁石(ごいし)岬とその北のコオリ崎の間を約8km北方に湾入する。水深の深い典型的な溺(おぼ)れ谷。重要港湾大船渡港東北地方屈指の工業港で、セメント工場や石油備蓄施設が立地する。水産基地としても重要で、湾内ではノリ・カキ・ワカメなどが養殖される。1960年(昭和35)のチリ津波、2011年(平成23)3月の東北地方太平洋沖地震による津波では大被害を受けた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大船渡湾
おおふなとわん

岩手県南東部にある三陸海岸の湾入。湾奥に注ぐ盛(さかり)川の延長による溺(おぼ)れ谷で、昔は箭崎(やざき)入り江とよんだ。湾口部の幅約1000メートル、奥行約6キロメートル、水深平均約20メートルで、天然の良港大船渡港がある。1960年(昭和35)のチリ地震津波の被害を契機に、国内初の深海防波堤(南岸291メートル、北岸244メートル)が湾口部に構築された(2011年の東北地方太平洋沖地震に伴う津波で湾口部分倒壊)。湾内には野々田埠頭5万トン岸壁、茶屋町埠頭1万トン岸壁、大船渡漁港、魚市場などがあり、1959年重要港湾に指定。また珊琥(さんご)島、琵琶(びわ)島などが浮かぶ三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の景勝地で、ノリ・カキ養殖も行われる。[川本忠平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大船渡湾の関連キーワード大船渡(市)大船渡[市]蛸之浦貝塚下船渡貝塚蛸ノ浦貝塚大洞貝塚セイシュ珊瑚島

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大船渡湾の関連情報