コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬島 まじま

大辞林 第三版の解説

まじま【馬島】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

馬島

島根県浜田市瀬戸ケ島町、浜田湾の東側にある島。18世紀に、地元の豪商・三沢家の所有となり、「三沢島」と呼ばれたこともある。

馬島

広島県呉市、三津口湾にある無人島

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬島
うましま

北九州市戸畑区沖合い約4キロメートル、響灘(ひびきなだ)にある小島。北九州市小倉(こくら)北区に属す。古第三紀層からなる細長い低い台地状の島で、最高点は34メートル、面積0.26平方キロメートル。和合良(わごら)島、片島とともに小六連(こむつれ)島ともいい、山口県下関市の六連島とはわずか300メートルを隔てて対している。2004年(平成16)下関市から六連島を経由して海底送水管が敷かれ、飲料水不足が解消した。産業は10戸余りの漁家による小型底引網などの近海漁業が中心であるが、10ヘクタールの栽培漁場が造成され、アワビ、サザエなどの育成、魚類の養殖に力を入れている。夏は海水浴場としてにぎわい、紫川河口の小倉港から市営定期船がある。人口47(2009)。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

馬島の関連キーワード島根県浜田市瀬戸ケ島町山口県熊毛郡田布施町田布施[町]長崎[県]大治(町)馬島明眼院太田慶太郎応永の外寇大治[町]馬島大智坊広島県呉市今治[市]安浦[町]岡田謙道賀川豊彦丸尾興堂馬島健吉泉盈之進馬島 僴馬島円如

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

馬島の関連情報