大瀬崎(読み)おおせざき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大瀬崎(長崎県)
おおせざき

長崎県五島(ごとう)列島福江島(ふくえじま)の南西端にある岬。五島市に属し、西海国立公園(さいかいこくりつこうえん)に含まれる。東シナ海の波濤(はとう)による海食によって、高さ50~100メートルの断崖(だんがい)が延長約20キロメートルにわたって連続しており、その中央部に大瀬崎がある。断崖上には1879年(明治12)に建てられた白亜の大瀬崎灯台があり、1953年(昭和28)回転ビーコン式の無人灯台に改装され、東シナ海に臨む女神とよばれている。付近一帯はイシダイの好漁場として全国的に知られ、遠くは北九州、関西、関東からの釣り客も少なくない。玉之浦港から大瀬崎巡りの遊覧船が出る。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大瀬崎の関連情報