コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大賀一郎 おおが いちろう

美術人名辞典の解説

大賀一郎

植物学者。岡山県生。東大理学部卒。八高教授を経て、満鉄社員、関東学院大教授を歴任。戦後はハス池として知られた上野不忍池の復興に尽力。さらに昭和27年千葉県検見川遺跡から2000年前のハスの実を発見し発芽に成功、注目を浴びる。ハス博士といわれ、大賀蓮発掘記念碑も建設された。著書に『ハスを語る』『ハスと共に六十年』等。昭和40年(1965)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおが‐いちろう〔おほガイチラウ〕【大賀一郎】

[1883~1965]植物学者。岡山の生まれ。昭和26年(1951)、千葉市花見川区の検見川(けみがわ)遺跡から約2000年前のハスの実を発掘し、発芽・開花させることに成功した。→大賀蓮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大賀一郎 おおが-いちろう

1883-1965 明治-昭和時代の植物学者。
明治16年4月28日生まれ。八高教授,満鉄社員をへて,昭和25年関東学院大教授。26年千葉県検見川(けみがわ)遺跡で約2000年前の古代ハスの種子を発見。発芽,開花に成功し「大賀ハス」とよばれた。昭和40年6月15日死去。82歳。岡山県出身。東京帝大卒。著作に「ハスと共に六十年」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおがいちろう【大賀一郎】

1883~1965) 植物学者。岡山県生まれ。東大卒。1952年(昭和27)千葉県検見川遺跡から2000年前のハスの実を発見、開花させることに成功した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大賀一郎
おおがいちろう
(1883―1965)

植物学者。岡山県吉備(きび)町出身。1909年(明治42)東京帝国大学理科大学植物学科を卒業、大学院に進学し藤井健次郎に師事したが、まもなく第八高等学校教授に就任。中国東北地区を視察中、普蘭店(ふらんてん)の泥炭地で埋蔵500年と推定されるハスの実を採集、1917年これの発芽に成功して以来ハス研究に進み、「古ハスの果実の研究」で理学博士の学位を取得した(1927)。以後、関心は、ハス糸で織ったと伝承された織物、それに関する工芸美術品の研究に及び、古文化財の自然科学的な方法による研究の先駆けとなった。1951年(昭和26)には千葉市花見川区検見川(けみがわ)町の遺跡から推定2000年前のハスの実を発掘し、発芽・開花させ「大賀ハス」の名を得た。[佐藤七郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大賀一郎の関連キーワードハス(蓮)阪本 祐二太田 洋愛太田洋愛昭和時代阪本祐二明治

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大賀一郎の関連情報