大韓航空機爆破事件(読み)だいかんこうくうきばくはじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大韓航空機爆破事件
だいかんこうくうきばくはじけん

1987年 11月 29日,イラクのバグダードから韓国へ向った大韓航空機 858便が,ビルマの南方海上で消息を絶った事件。2日後に同便を途中で降りた蜂谷真一 (金勝一) ・真由美 (金賢姫) と名のる2人の男女がバーレーン警察によって拘束され,取調べ中に服毒自殺をはかった。一命をとりとめた金賢姫は韓国へ移送され,北朝鮮の指令で爆破を行なったことなど事件の全容を自供した。 90年に死刑判決を受けたが,91年に赦免された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大韓航空機爆破事件【だいかんこうくうきばくはじけん】

1987年11月29日,バグダッド発ソウル行き大韓航空機(乗客・乗員115人)が,ビルマ沖上空で爆発,失踪した事件。同年12月1日,事前に同便を降りていた日本旅券をもった男女2人がバーレーン警察に逮捕され,服毒自殺を図った。このうち生き残った金賢姫(キムヒョンヒ)(旅券名蜂谷真由美)が,朝鮮民主主義人民共和国の指示で同便に爆破工作を行ったことを自供した。翌1988年のソウルオリンピックをひかえて,大韓民国のイメージ・ダウンをねらったものと考えられている。
→関連項目朝鮮

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大韓航空機爆破事件の関連情報