大鷹(読み)おおたか

精選版 日本国語大辞典「大鷹」の解説

おお‐たか おほ‥【大鷹】

〘名〙 (「おおだか」とも)
① タカ科の鳥。全長五〇~六〇センチメートルの中形のタカ。背面は灰黒色、腹部は白地に多数の淡黒色の小横紋がある。ユーラシア大陸、北アメリカ中北部に分布し、日本各地の低山帯の森林にすむ。雌は雄に比べて大形。カモ、ウサギ、小鳥などを捕えるので、ハヤブサとともに古くから鷹狩に用いられた。《季・冬》
※伊勢物語(10C前)一一四「今はさること似げなく思ひけれど、もとつきにける事なればおほたかの鷹飼にてさぶらはせたまひける」
※基成朝臣鷹狩記(1293頃)「大鷹の狩場の所をかる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大鷹」の解説

おお‐たか〔おほ‐〕【大×鷹】

タカ科の鳥。全長は雄が約50センチ、雌が約56センチ。上面は青みがかった灰褐色、下面は白地に黒の横斑がある。ハトヒヨドリなどの中形の鳥や小獣を捕食鷹狩りに用いられた。ユーラシアの温帯以北、北アメリカ分布。日本では森林にすむ留鳥 冬》
雌の鷹。雄より大きい。
大鷹狩り」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android