(読み)ひよどり

精選版 日本国語大辞典「鵯」の解説

ひよ‐どり【鵯】

〘名〙
ヒヨドリ科の鳥。大きさは全長約二七センチメートルで、ツグミぐらい。背面灰褐色で、腹は淡く、胸は灰色で白斑がある。頭頂の羽毛は灰色で長く、やや羽冠状を呈する。耳羽は栗色。一四亜種に分けられ、日本にはそのうち八亜種がいる。日本全土のほか朝鮮半島、フィリピン北部、台湾に分布する。多くは留鳥で、四~七月山地で繁殖し、秋冬には市街地にも来る。近年は市街地で繁殖するものも多い。ピィーヨピィーヨとやかましく鳴く。ひよ。ひえどり。《季・秋》
ヒヨドリ科の鳥の総称。東南アジアからアフリカにかけて約一二〇種があるが、日本では①のほか八重山諸島にシロガシラを産するだけである。

ひえ‐どり【鵯】

〘名〙 鳥「ひよどり(鵯)」の異名。《季・秋》 〔本草和名(918頃)〕
※土御門院集(1231頃)「このうちにまたすみなれぬひえ鳥は心なくても世をすくす

ひよ【鵯】

〘名〙 =ひよどり(鵯)《季・秋》
※俳諧・文政句帖‐五年(1822)八月「赤い実がひよを上戸にしたりけり

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鵯」の解説

ひよ‐どり【×鵯】

スズメ目ヒヨドリ科の鳥。全長26センチくらい。全体に暗青灰色で、目の後ろに褐色の斑がある。ピーヨピーヨと大きな声で鳴き、波形を描いて飛ぶ。低山から平野にかけて広く分布し、冬は暖地に移動。木の実や花の蜜を好む。ひよ。ひえどり。 秋》「―はかはらにつづく林より/犀星

ひえ‐どり【×鵯】

ヒヨドリの別名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「鵯」の解説

鵯 (ヒヨドリ)

学名Hypsipetes amaurotis
動物。ヒヨドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android