(読み)ヒヨドリ

  • ×鵯
  • ひえどり
  • ひよ
  • 鵯 (ヒヨドリ)

デジタル大辞泉の解説

スズメ目ヒヨドリ科の鳥。全長26センチくらい。全体に暗青灰色で、目の後ろに褐色の斑がある。ピーヨピーヨと大きな声で鳴き、波形を描いて飛ぶ。低山から平野にかけて広く分布し、冬は暖地に移動。木の実や花の蜜を好む。ひよ。ひえどり。 秋》「―は磧(かはら)につづく林より/犀星
ヒヨドリの別名。〈和名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Hypsipetes amaurotis
動物。ヒヨドリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鳥「ひよどり(鵯)」の異名。《季・秋》 〔本草和名(918頃)〕
※土御門院集(1231頃)「このうちにまたすみなれぬひえ鳥は心なくても世をすくす哉」
〘名〙 =ひよどり(鵯)《季・秋》
※俳諧・文政句帖‐五年(1822)八月「赤い実がひよを上戸にしたりけり」
〘名〙
① ヒヨドリ科の鳥。大きさは全長約二七センチメートルで、ツグミぐらい。背面は灰褐色で、腹は淡く、胸は灰色で白斑がある。頭頂の羽毛は灰色で長く、やや羽冠状を呈する。耳羽は栗色。一四亜種に分けられ、日本にはそのうち八亜種がいる。日本全土のほか朝鮮半島、フィリピン北部、台湾に分布する。多くは留鳥で、四~七月山地で繁殖し、秋冬には市街地にも来る。近年は市街地で繁殖するものも多い。ピィーヨピィーヨとやかましく鳴く。ひよ。ひえどり。《季・秋》
② ヒヨドリ科の鳥の総称。東南アジアからアフリカにかけて約一二〇種があるが、日本では①のほか八重山諸島にシロガシラを産するだけである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鵯の関連情報