コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源博雅 みなもとのひろまさ

7件 の用語解説(源博雅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源博雅
みなもとのひろまさ

[生]延喜18(918)
[没]天元3(980)
平安時代中期の雅楽家。「はくが」とも呼ばれる醍醐天皇の孫。克明親王の子。従三位皇后宮権大夫となったところから,その唐名をもって長秋卿,博雅三位とも呼ばれた。康保3 (966) 年に雅楽の笛譜『博雅笛譜』を著わした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐ひろまさ【源博雅】

[918?~980]平安中期の雅楽家。醍醐天皇の皇子克明親王の子。博雅三位(はくがのさんみ)と称される。雅楽に精通し、琴・琵琶・箏(そう)・笛などの名手。伝説的な逸話が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源博雅 みなもとの-ひろまさ

918-980 平安時代中期の公卿(くぎょう),雅楽家。
延喜(えんぎ)18年生まれ。克明(よしあきら)親王の第1王子。母は藤原時平の娘。醍醐(だいご)源氏。従三位,皇太后宮権大夫(ごんのだいぶ)。博雅(はくがの)三位,長秋卿とよばれる。横笛,琵琶(びわ),大篳篥(おおひちりき)の名手で,その楽才をたたえる説話がおおい。勅により「新撰楽譜」を撰した。天元3年9月28日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源博雅

没年:天元3.9.28(980.11.8)
生年:延喜18(918)
平安前期の官人,音楽家。醍醐天皇皇子の克明親王と藤原時平の娘の子。賜姓源氏。京官を歴任したあと,天延2(974)年従三位皇太后宮権大夫に任じられたことから博雅三位と呼ばれた。和琴を叔父の藤原忠敦,横笛を源雅信から学んだのをはじめ,琵琶,篳篥などあらゆる楽器に通じ,村上天皇の命を受けて笛譜『新撰楽譜』『博雅笛譜』を選上している。誕生の際天から音楽が聞こえてきたとか,蝉丸から琵琶の秘曲を伝授されたいがために3年間,逢坂の関に通ったとか,宮中の琵琶「玄象」が失くなったとき博雅が音をたずねて羅城門に至り鬼からそれを返してもらった,といった音楽にまつわる逸話が多い。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのひろまさ【源博雅】

918‐980(延喜18‐天元3)
平安中期の雅楽家。醍醐天皇皇子克明親王の長男,母は藤原時平女。934年(承平4)従四位下で出身の後,従三位,皇太后宮権大夫に至る。博雅三位(はくがのさんみ)といわれ,音楽の才きわめてすぐれていた。演奏では琵琶,笛,琴,大篳篥(だいひちりき)をはじめ古今の名手と尊ばれ,作曲では退出の楽に用いられる《長慶子(ちようげし)》が有名である。楽書(がくしよ)や説話集に,朱雀門の鬼から名笛〈葉二〉を得たり,逢坂山の蟬丸に3年間通って秘曲《流泉》《啄木》をならったなど多くの逸話を伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなもとのひろまさ【源博雅】

918?~980) 平安中期の雅楽家。醍醐天皇の孫。従三位。博雅三位はくがのさんみと称される。笛・篳篥ひちりき・琵琶・箏そうなどの名手。蟬丸から秘曲を伝授されたと伝えられ、「長慶子ちようげいし」の作曲者ともいう。著「博雅笛譜」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源博雅
みなもとのひろまさ
(918―980)

平安中期の雅楽家。醍醐天皇皇子克明親王(よしあきらしんのう)の長男。母は藤原時平の娘。臣籍に下り源姓を賜る。934年(承平4)従四位下で出身、京官を歴任し、974年(天延2)に従三位皇太后宮権大夫(こうたいこうぐうごんのだいぶ)に任じられた。そのことから博雅三位といわれたが、音楽の才に恵まれ、琵琶、笛、和琴(わごん)、篳篥(ひちりき)をはじめとする諸楽に通じ、古今の名手とうたわれた。作曲も行い、退出に用いられる「長慶子(ちょうげし)」は有名であり、笛譜『新撰楽譜』『博雅笛譜』は村上天皇の命で撰上されたものである。音楽の逸話が多く、逢坂山に棲む蝉丸(せみまる)のもとに三年間通い続けて琵琶の秘曲「流泉(りゅうせん)」、「啄木(たくぼく)」を伝授されたとか、失われた宮中の琵琶「玄象(げんじょう)」を羅城門の鬼から返してもらった話は、楽書や説話集に記され広く知られている。[植木行宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の源博雅の言及

【雅楽】より

…この傾向はその後も続き,10世紀に入ると〈御遊〉という形で,もっぱら鑑賞のために管絃などが行われるようになった。 このような風潮のうちで邦人作曲家によって外来楽の様式を模した作品が多くつくられ,大戸清上(おおとのきよかみ)の《北庭楽》《拾翠楽》《海青楽》《壱団橋》,藤原忠房の《延喜楽》,源博雅の《長慶子(ちようげし)》など,その多くは今日も演奏されている。また9世紀前半ころに催馬楽,10世紀末までには朗詠という,いずれも声楽中心の新しい種目がつくられた。…

【長慶子】より

…現在でも演奏会の最終曲として必ず奏されるし,儀式のときの参会者の退場音楽としても演奏する。平安時代中期に,琵琶,箏,笛,篳篥(ひちりき)などの名手として活躍した源博雅(みなもとのひろまさ)(博雅三位)が作曲したとも改作したとも伝える。立楽(たちがく)や管絃のときは管絃吹で,舞楽の退出音声のときは舞楽吹で吹かれる。…

※「源博雅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源博雅の関連キーワード蝉丸藤原公季音楽家新撰和歌集本草和名為子内親王平安典源周子源勝《後醍醐天皇隠岐の配所》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源博雅の関連情報