コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天明の大火 テンメイノタイカ

デジタル大辞泉の解説

てんめい‐の‐たいか〔‐タイクワ〕【天明の大火】

天明8年(1788)京都市中の大半を焼き尽くした火事皇居も焼失し、焼失家屋は18万余に達したという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

天明の大火【てんめいのたいか】

1788年(天明8年)の京都の大火。鴨川東岸の宮川町(現東山区)から出火,宮川筋を南下,飛び火は鴨川を越えて西から北へ延焼市街地洛中(らくちゅう))の大部分を焼き尽くした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんめいのたいか【天明の大火】

近世,京都洛中で最大の火災。1788年(天明8)正月晦日未明,鴨川東岸の宮川町団栗辻子(どんぐりのずし)から出火し,南へ五条通りまで延焼,その間鴨川西岸に飛火し,強風にあおられて洛中に燃え広がった。2月2日未明(一説に朔日夕刻)の鎮火までに,東は河原町木屋町,北は上御霊社・鞍馬口通り・今宮御旅所北辺,西は智恵光院通り・大宮通り,南は東西本願寺北辺に及び,洛中町場のほとんどが焼亡した。焼失した町数は1424町余,3万6797軒,6万5340世帯,寺201,神社37という(《古久保家文書》)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんめいのたいか【天明の大火】

1788年(天明8)京都市中の大火。皇居をはじめ市の中心部を焼尽し、焼失家屋一八万戸以上。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天明の大火の関連キーワード青蓮院旧仮御所石川甚四郎高辻胤長中川修亭乗如上人二条城中心部不見斎近世

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天明の大火の関連情報