あどけない

大辞林 第三版の解説

あどけない

( 形 ) [文] ク あどけな・し
〔「あどなし」と「いわけなし」「いとけなし」などとの混交によって近世にできた語〕
(子供のようすが)無邪気でかわいい。することが幼い。 「 - ・い寝顔」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

あどけ‐な・い

[形][文]あどけな・し[ク]無邪気でかわいい。無心である。「―・い寝顔」
[補説]「あどない」に「け(気)」が加わったものか。
[派生]あどけなげ[形動]あどけなさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あどけ‐な・い

〘形口〙 あどけな・し 〘形ク〙 (子供の態度、様子などが)無心で愛らしい。無邪気である。することが幼い。わるぎがない。あどない。いわけなし。
洒落本・交代盤栄記(1754)「菊その〈略〉此御かたしっぽりとしてあどけなき所ありて娘かたぎなれども、発明なる御かた故、客衆の取廻し能、遊びにうまみ有てよし」
滑稽本・浮世床(1813‐23)二「あのくれへそらったばけて、あどけねへまねをしたがる者も又あるめへ」
あどけな‐げ
〘形動〙
あどけな‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あどけないの関連情報