コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童[市] てんどう

百科事典マイペディアの解説

天童[市]【てんどう】

山形県東部,山形市の北に接し,山形盆地中部と東部山地を占める市。1958年市制。中心の天童国道13号線に沿って細長い街村型の商店街発達奥羽本線が通じ,国道48号線が分かれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんどう【天童[市]】

山形県中東部の市。1958年市制。人口6万0626(1995)。山形盆地の中央部東寄りに位置し,市域の東半は奥羽山脈の山地,西半は乱(みだれ)川と立谷川の扇状地からなり,西端を最上川が北流する。扇状地の扇端部は古くは成生(なりう)荘として開かれた。南北朝時代に北畠天童丸が舞鶴山に居城したことが地名の由来という。城下町は当初,城の東側にあったが,近世に西側に整備された羽州街道に沿って街村状の宿場町が発達し,1830年(天保1)織田氏(2万石)が街村の西に館を構えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報