コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天童[市](読み)てんどう

百科事典マイペディアの解説

天童[市]【てんどう】

山形県東部,山形市の北に接し,山形盆地中部と東部山地を占める市。1958年市制。中心の天童国道13号線に沿って細長い街村型の商店街が発達,奥羽本線が通じ,国道48号線が分かれる。水田中に天童温泉石膏泉,66℃)がわき,旅館が多い。周辺には水田,果樹園が広く,リンゴ,ブドウ,モモ,サクランボなどの果実,野菜,タバコ,ホップ多産する。農機具,家具類の製造も盛ん。特産将棋駒の生産は全国の96%を占め,将棋資料館があるほか,4月末に行われる人間将棋などで観光客を集めている。東日本大震災で,市内において被害が発生。113.01km2。6万2214人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんどう【天童[市]】

山形県中東部の市。1958年市制。人口6万0626(1995)。山形盆地の中央部東寄りに位置し,市域の東半は奥羽山脈の山地,西半は乱(みだれ)川と立谷川の扇状地からなり,西端を最上川が北流する。扇状地の扇端部は古くは成生(なりう)荘として開かれた。南北朝時代に北畠天童丸が舞鶴山に居城したことが地名の由来という。城下町は当初,城の東側にあったが,近世に西側に整備された羽州街道に沿って街村状の宿場町が発達し,1830年(天保1)織田氏(2万石)が街村の西に館を構えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android