コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田牛一 おおたぎゅういち

6件 の用語解説(太田牛一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太田牛一
おおたぎゅういち

[生]大永7(1527).尾張
[没]?
安土桃山時代の武人,『信長公記』 (16巻) ,『大かうさまくんきのうち』 (1巻) などの著者。尾張国春日井郡安食村生れと伝えられる。通称又助。信長,秀吉に仕え,のち秀吉の側室京極殿 (松丸殿) 付きの士となった。この頃から信長および秀吉の功績を中心とする記録を綴っていたが,慶長 10 (1605) 年前後に完成した。ほかに『豊国大明神臨時御祭礼記録』『内府公奥州軍記』『関ヶ原御合戦双紙』『今度之公家双紙』などの著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田牛一 おおた-ぎゅういち

1527-? 戦国-江戸時代前期の武士,軍記作者。
大永(たいえい)7年生まれ。織田信長につかえ弓衆や奉行を,のち豊臣秀吉のもとで検地奉行などをつとめる。晩年は昔の主君らの軍記執筆に専念,史料的価値のたかい「信長公記」や「大(たい)かうさまくんきのうち」などをのこした。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は資房(すけふさ)。通称は又介(助)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

太田牛一

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:大永7(1527)
戦国・江戸前期の武士,軍記作者。通称を又助といい,和泉守を称した。尾張国春日井郡山田荘安食(春日井市ほか)の出身といわれる。はじめ織田信長の足軽として「弓三張之人数」に数えられ,若いころから主君信長の動静や身のまわりにおきたことがらを手控の形で残していたらしい。天正9(1581)年ごろには近江のうちで奉行も務めるほどになっていたが,翌年の本能寺の変で信長が討たれるとともに,加賀松任に隠棲。豊臣秀吉に仕えるようになるのは天正17年ごろからで,武将としてというより検地奉行とか蔵入地代官など,豊臣政権の吏僚として手腕を発揮していた。 秀吉没後,一時秀頼に仕えたが,まもなく隠退し,大坂玉造に住んで,以後,軍記の述作に専念した。なかでも『信長記』15巻,これに首巻を加え全体を修補した『信長公記』16巻は,信長伝記中の最高傑作といってよく,史料としての信憑性が高いことでも定評がある。ほかに秀吉関係で『大かうさまくんきのうち』『豊国大明神臨時御祭礼記録』,徳川家康関係で『関原御合戦双紙』を残し,その他,公家関係では『今度之公家双紙』『猪隈物語』などが有名である。これら諸書の奥書で年代的にみて一番遅いのが慶長15(1610)年で,牛一の84歳に当たる。現在のところそれ以降のものが発見されていないので,死没はその直後ではないかと思われる。

(小和田哲男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおたぎゅういち【太田牛一】

1527(大永7)‐?
安土桃山時代の武士,軍記作者。尾張の人。通称又助。織田信長に仕えて戦功をあげ,近江の奉行,さらにその死後豊臣秀吉のもとで検地奉行,蔵入地代官などを務める。晩年は軍記の著述に専念し,1610年(慶長15)84歳に至っても述作に励んでいたことが確認できる。著作として《信長記》《大かうさまくんきのうち》《関ヶ原御合戦双紙》《今度之公家双紙(《猪隈物語》)》《豊国大明神臨時御祭礼記録》などがある。【久留島 典子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおたぎゅういち【太田牛一】

1527~?) 安土桃山時代の武将。尾張の人。織田信長・豊臣秀吉に近侍し、「信長公記」「大かうさまくんきのうち」などを著した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太田牛一
おおたぎゅういち
(1527―?)

安土(あづち)桃山時代の武士、軍記作家。通称又助(またすけ)、のち和泉守(いずみのかみ)となる。尾張(おわり)国(愛知県)安食(あじき)に生まれ、初め僧侶(そうりょ)であったというが、織田信長の弓衆となり奉行(ぶぎょう)を務めた。信長の死後は一時加賀松任(まっとう)に居住したが、のち豊臣(とよとみ)秀吉・秀頼(ひでより)に仕えた。信長・秀吉に近侍した経歴を生かし自身の手控えをもとに『信長公記(しんちょうこうき)』『大(たい)かうさまくんきのうち』『豊国大明神(とよくにだいみょうじん)臨時御祭礼記録』『関原御合戦双紙(せきがはらごかっせんぞうし)』『猪隈(いのくま)物語』などを著述した。1610年(慶長15)以降にかなりの高齢で没した。[渡辺江美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の太田牛一の言及

【信長公記】より

太田牛一が〈日記〉に基づいて記録した織田信長の軍記。16巻16冊。…

※「太田牛一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

太田牛一の関連キーワードマク氏崇元寺酒井忠次守礼門高三隆達フェリペマールブルク李贄黎朝アグリコラ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太田牛一の関連情報