奇応丸(読み)キオウガン

百科事典マイペディアの解説

奇応丸【きおうがん】

漢方薬。薬名の由来は古く,室町時代より奈良東大寺に伝わる。江戸時代には戯作者曲亭馬琴も奇応丸を製造販売していた。内容的には人参(チョウセンニンジン),沈香麝香(じゃこう),熊胆(ゆうたん)などが処方され,腹痛,食傷,吐き気,嘔吐(おうと),小児神経過敏症などに用いた。
→関連項目熊の胆

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きおうがん【奇応丸】

熊の胆を主成分とする丸薬。小児の発熱・癇かんの虫の薬として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きおう‐がん ‥グヮン【奇応丸】

〘名〙 奈良の東大寺にはじまり、後全国で作られた熊胆(くまのい)を主剤とした丸薬。小児の虫押えや、女の癪や腹痛にきく家庭常備薬であった。江戸では幕医多紀氏調剤で、両国柳原同朋町敬心院で売り、後、日本橋白木屋などでも発売した。
雍州府志(1684)六「奇応丸 治食毒霍乱腹痛

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奇応丸の関連情報