コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奈良屋市右衛門 ならや いちえもん

3件 の用語解説(奈良屋市右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奈良屋市右衛門 ならや-いちえもん

?-? 江戸時代前期の江戸町年寄。
先祖は大館氏の一族で大和(やまと)(奈良県)にすんでいたが,天正(てんしょう)10年(1582)徳川家康につかえて三河(愛知県)にうつったという。家康の関東入国後は日本橋本町1丁目に町屋敷をあたえられ,樽屋,喜多村とともに江戸の町支配を担当した。以後,代々市右衛門を名のり12代までつづいた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

奈良屋市右衛門

生年:生没年不詳
江戸初期の江戸町年寄の祖。由緒書によれば,先祖は大館氏の一族で大和の奈良に居住していたが,徳川家康の三河在住の時代に仕えたという。他の史料によれば,天正10(1582)年の本能寺の変に当たり,堺見物をしていた家康が伊賀を越え岡崎に帰城したとき,小笠原小太郎らが守護したが,市右衛門はその子孫であるという。家康の関東入国(1590)後は日本橋本町1丁目に屋敷地を与えられ,3人の町年寄の筆頭として江戸の町支配を担当した。以後12代にわたり市右衛門と称したが,天保5(1834)年に館の姓を名乗ることが許された。<参考文献>吉原健一郎「町年寄」(『江戸町人の研究』4巻)

(吉原健一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ならやいちえもん【奈良屋市右衛門】

江戸町年寄の世襲名。初代は大和国奈良に居住していたが,1582年(天正10)に徳川家康に忠節をつくし,三河に移住したという。日本橋本町一丁目に180坪の居宅を拝領し,樽屋,喜多村とともに江戸の三町年寄として町支配を担当した。1834年(天保5)に館(たち)姓を名のることを許された。享保改革に際し,問屋仲間組合の結成に努力し,中心となって活躍したのは奈良屋であった。【吉原 健一郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone