江戸町年寄(読み)えどまちどしより

日本大百科全書(ニッポニカ)「江戸町年寄」の解説

江戸町年寄
えどまちどしより

町奉行(まちぶぎょう)のもとで江戸の町を支配した役人。初めは江戸宿の年寄とよばれたが、のち幕府成立前後から町年寄と称した。奈良屋(館(たち)氏)、樽屋(たるや)(樽氏)、喜多村(きたむら)の3家が代々世襲し、本町(日本橋)の角屋敷を拝領し、その役宅で事務に従事した。このほか市中数か所に拝領地があり、その地代を収入源とした。江戸の町人の筆頭として、正月には江戸城で将軍に拝謁することができた。町年寄の職務は、(1)名主への触(ふれ)の伝達、新地の地割や請渡し、人別の集計など町政一般にかかわる業務、(2)商人仲間の名簿を保管し、物価統制を行うなど、商工業者の掌握にかかわる業務、(3)幕府(町奉行)の諮問を受け、各種の調査・答申をなし、町人の紛争の調停、請願の調査などを行う業務に大別できる。このほか初期には玉川・神田上水などの水道管理を行っていた時期もあった。1868年(明治1)新政府の鎮台府付となったが、翌年正月免職させられた。

[吉原健一郎]

『吉原健一郎著『江戸の町役人』(1980・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「江戸町年寄」の解説

えど‐まちどしより【江戸町年寄】

〘名〙 江戸町奉行の配下に属した町役人。御触(おふれ)の伝達、町方の諸調査、新開地の地割り、町名主の任免・監督、諸運上銀・地子銀などの上納、諸組合仲間の監査などを通じて、江戸市政の全般を把握していた。また、神田・玉川上水の管理、関口・小日向・金杉の代官をも兼任した。樽屋、奈良屋、喜多村の三家が天正一八年(一五九〇)より世襲。御役所
※江都管鑰秘鑑‐一〇・享保一〇年(1725)八月(古事類苑・官位五七)「樽屋藤左衛門由緒之事 江戸町年寄之三家は、名誉やや人口に有之候。侯伯といへども平視し給ふことなく、尤いみじき家柄なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「江戸町年寄」の解説

江戸町年寄
えどまちどしより

江戸の町役人。天正 18 (1590) 年設置。町奉行に属し,江戸の自治行政を司った。元禄6 (1693) 年までは神田,玉川上水支配,関口,小日向,金杉3村の代官も兼務。また株仲間の統制も行なった。樽屋,奈良屋,喜多村の3家が世襲し「三町年寄」といわれ,明治1 (1868) 年廃止。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android