コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大館氏 おおだてうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大館氏
おおだてうじ

清和源氏。始祖は新田政義の次男家氏で下野新田郡大館に住した。その子宗氏は義貞の鎌倉攻めに参加,またその子の氏明は南朝に従って戦功があったが,子孫尚氏 (常興) が内談衆となるなど,室町幕府で活躍した。後世,子孫が伊豆関岡城に居し,関岡氏と改めた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大館氏【おおだちうじ】

上野(こうずけ)新田氏の出身で,一族の多くが足利将軍家の重臣となる。足利義政の乳人で政治に介入して配流となった今参局(いままいりのつぼね)は大館満冬の娘。足利義尚の申次(もうしつぎ)であった尚氏(法名常興)は武家故実に通じ,足利義晴の内談衆として幕政に参与,《大館常興書札抄》《大館常興日記》は室町幕府後期の政治や荘園最末期の様相を伝えるものとして貴重。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の大館氏の言及

【新田氏】より

…なお一門の庶家には,義重の子の段階で分出した山名・里見・得川・額戸があり,嫡流からは大館・堀口などの家が出た。室町期になると《永享以来御番帳》にみえる大館祐善・同常安・同持房,《文安年中御番帳》にみえる大館晴光・同晴忠・同藤安など,とくに大館氏から多数の奉公衆が出た。彼らは室町将軍の直属軍として,将軍権力を支えるうえで重要な役割を果たした。…

※「大館氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大館氏の関連キーワード大館氏(おおだちうじ)大館氏(おおだてうじ)奈良屋市右衛門荘園(日本)清和源氏大館義冬大館氏清山名氏一対局

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android