コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴隷的拘束・苦役からの自由 どれいてきこうそくくえきからのじゆう

1件 の用語解説(奴隷的拘束・苦役からの自由の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どれいてきこうそくくえきからのじゆう【奴隷的拘束・苦役からの自由】

日本国憲法の18条〈何人も,いかなる奴隷的拘束も受けない。又,犯罪に因る処罰の場合を除いては,その意に反する苦役に服させられない〉で保障されている自由権。 奴隷的拘束とは,奴隷なみと考えられるほどに身体を拘束することをいう。奴隷,人格を無視した拘束のもとにおかれている公娼・私娼,〈監獄部屋〉〈たこ部屋〉の労働者,人身売買などが該当する。奴隷的拘束からの自由とは,そのような身体の拘束からの自由を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奴隷的拘束・苦役からの自由の関連情報