コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉川の戦い あねがわのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姉川の戦い
あねがわのたたかい

元亀1 (1570) 年6月 28日,近江国姉川の流域で行われた織田信長徳川家康連合軍と浅井長政朝倉義景の族将同景健連合軍との戦い。これより先,信長は足利義昭を将軍職に推して上洛したが,越前朝倉氏と近江浅井氏はともに畿内における信長勢力の伸張をはばもうとし,しばしば信長と戦った。元亀1年4月,信長は朝倉氏追討の軍を起したが,浅井氏は,朝倉氏に呼応したので,信長は家康に援軍を依頼してこれに対した。初め浅井,朝倉連合軍が優勢であったが,徳川軍の奮戦により,結局織田,徳川連合軍の勝利に終った。織田,徳川軍の兵力は,2万 9000人,浅井,朝倉連合軍のそれは1万 8000人という。この勝利によって,織田信長の畿内における覇権がほぼ決定した。浅井,朝倉両氏はこの敗戦により,次第に勢力を失い,やがて信長によって滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あねがわ‐の‐たたかい〔あねがは‐たたかひ〕【姉川の戦い】

元亀元年(1570)織田信長徳川家康の連合軍と浅井長政朝倉義景の連合軍とが、姉川の流域で争った合戦。織田勢が大勝し、浅井・朝倉両氏滅亡のきっかけとなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あねがわのたたかい【姉川の戦い】

1570年六月、姉川流域で、織田信長・徳川家康の連合軍が浅井長政・朝倉義景の連合軍を破った戦い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姉川の戦い
あねがわのたたかい

1570年(元亀1)6月28日、近江(おうみ)(滋賀県)の姉川畔で繰り広げられた浅井・朝倉連合軍と織田・徳川連合軍の戦い。戦いのあった場所の地名をとって、野村合戦とも三田村合戦ともよばれる。戦いの発端となったのは同年4月、信長が越前(えちぜん)(福井県)の朝倉義景(よしかげ)を攻めたとき、朝倉氏との旧誼(きゅうぎ)によって浅井長政がそれまで同盟を結んでいた信長に反旗を翻したことにある。信長は妹婿(いもうとむこ)である長政の謀反を怒り、6月19日岐阜を出陣した。援軍である徳川家康の軍勢とあわせ、その数3万4000といわれている。それに対する長政も義景の援軍を求め、その数2万1000と数えられている。戦いは6月28日早朝から姉川を挟んだ形で繰り広げられ、初め浅井・朝倉軍が優勢であったが、家康軍の善戦により織田・徳川連合軍の大勝利に終わった。義景の援軍は越前に敗走し、長政の軍勢も小谷城(おだにじょう)に逃げ込み、浅井、朝倉両氏の滅亡の遠因となった。[小和田哲男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

姉川の戦いの関連キーワード本多忠次(1)大久保忠直奥山休賀斎蜂須賀家政大久保忠隣蜂須賀正勝小笠原長忠大久保康忠池野浪之助酒井重忠石川家成高木清秀高木広正酒井忠次磯野員昌松平景忠山内一豊石川数正一乗谷城榊原康政

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姉川の戦いの関連情報