コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宇陀 おおうだ

3件 の用語解説(大宇陀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宇陀
おおうだ

奈良県北東部,宇陀市南西部の旧町域。竜門山地の北東斜面にある。 1942年松山町と神戸村,政始村,上竜門村が合体して成立。 2006年榛原町,菟田野町,室生村と合体して宇陀市となる。古くは榛原から吉野に通じる街道の市場町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔歴史地名〕大宇陀(おおうだ)


奈良県宇陀市にあった地名。
『万葉集』柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の歌で名高い阿騎野(あきの)の地。江戸時代初期は松山藩の城下町として栄えた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大宇陀
おおうだ

奈良県中東部、宇陀郡にあった旧町名(大宇陀(ちょう))。現在は宇陀市の南西部を占める地域。旧大宇陀町は、1942年(昭和17)松山町、神戸(かんべ)村、政始(せいし)村、上竜門(りゅうもん)村が合併して成立。2006年(平成18)榛原(はいばら)、菟田野(うたの)2町および室生(むろう)村と合併し、宇陀市となる。旧町名は将来の発展を願って郡名をとる。竜門山地南東斜面と宇陀山地の西端を占める。中央部の関戸峠で分水し、宇陀川が北流、津風呂(つぶろ)川が南流する。国道166号、370号が交差する。中心の松山は織田(おだ)氏3万石の城下町であったが、1695年(元禄8)以後は天領。松山西口関門(黒門)は国の史跡に指定され、町並みに往時のおもかげを残している。周辺は農山村地域で、野菜の抑制栽培、肉用牛の肥育が行われ、林業も盛んである。松山の西方には『万葉集』に詠まれ天皇の狩場とされた安騎野(あきの)があり、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の歌碑が立つ。また江戸幕府直轄の薬草園の森野旧薬園(国指定史跡)がある。吉野葛(くず)を特産する。[菊地一郎]
『土井実他編『大宇陀町史』(1959・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大宇陀の関連キーワード宇陀川宇陀山地奈良県宇陀市大宇陀区春日奈良県宇陀市大宇陀区上奈良県宇陀市大宇陀区田原奈良県宇陀市大宇陀区迫間奈良県宇陀市大宇陀区藤井奈良県宇陀市大宇陀区牧奈良県宇陀市大宇陀区守道室生〈村〉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大宇陀の関連情報