コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宇陀 おおうだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宇陀
おおうだ

奈良県北東部,宇陀市南西部の旧町域。竜門山地の北東斜面にある。 1942年松山町と神戸村,政始村,上竜門村が合体して成立。 2006年榛原町,菟田野町,室生村と合体して宇陀市となる。古くは榛原から吉野に通じる街道の市場町として発展。中心集落の松山は,江戸時代初期に一時織田氏の城下町となった。木工品を産し,林業と野菜の抑制栽培が行なわれる。木材と特産の吉野葛の集散地。国の史跡として薬草園の森野旧薬園松山西口関門がある。カザグルマ自生地は国の天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔歴史地名〕大宇陀(おおうだ)


奈良県宇陀市にあった地名。
万葉集柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の歌で名高い阿騎野(あきの)の地。江戸時代初期は松山藩の城下町として栄えた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大宇陀
おおうだ

奈良県中東部、宇陀郡にあった旧町名(大宇陀町(ちょう))。現在は宇陀市の南西部を占める地域。旧大宇陀町は、1942年(昭和17)松山町、神戸(かんべ)村、政始(せいし)村、上竜門(りゅうもん)村が合併して成立。2006年(平成18)榛原(はいばら)、菟田野(うたの)2町および室生(むろう)村と合併し、宇陀市となる。旧町名は将来の発展を願って郡名をとる。竜門山地南東斜面と宇陀山地の西端を占める。中央部の関戸峠で分水し、宇陀川が北流、津風呂(つぶろ)川が南流する。国道166号、370号が交差する。中心の松山は織田(おだ)氏3万石の城下町であったが、1695年(元禄8)以後は天領。松山西口関門(黒門)は国の史跡に指定され、町並みに往時のおもかげを残している。周辺は農山村地域で、野菜の抑制栽培、肉用牛の肥育が行われ、林業も盛んである。松山の西方には『万葉集』に詠まれ天皇の狩場とされた安騎野(あきの)があり、柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)の歌碑が立つ。また江戸幕府直轄の薬草園の森野旧薬園(国指定史跡)がある。吉野葛(くず)を特産する。[菊地一郎]
『土井実他編『大宇陀町史』(1959・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大宇陀の関連キーワード奈良県宇陀市大宇陀区拾生奈良県宇陀市大宇陀区上野球部の部員数榛原(奈良県)松山(奈良県)菟田野[町]宇陀松山城跡宇陀(市)宇陀[市]松山地区竜門騒動千代の松佐々宗淳秋山城美濃王薬猟初霞阿騎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大宇陀の関連情報