コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定田 じょうでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定田
じょうでん

荘園制で年貢公事徴収の対象となる田地寺田神田,荘官給田その他公事免除の除田に対することば。領主直轄のと一般官物田とがある。平安時代末期以後,在地土豪が荘官に起用され,その給田が除田になり,定田と区別するため,検注帳 (→検注 ) に具体的に記載された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうでん【定田】

中世、年貢・課役徴収の対象となった田地。 ↔ 除田

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の定田の言及

【検注帳】より

…以上の除田の合計を,総額から差し引くと,徴税可能の田数が明らかになる。これを〈定田〉と称する。つまり目録は,検注帳ではわからない定田の実態を把握するのが目的であったと考えられる。…

【荘園】より

… 平安末期から鎌倉前期の荘園公領制の確立過程で,荘園支配者にも交替はあったが,そのつど行われた検注により,個々の荘園の体制も確立していった。西国の場合,荘園の田地は田代・年荒・常荒等の荒田(こうでん)と,見作田(げんさくでん)に区分され,見作田から損田・川成(かわなり)・不作が差し引かれた上で,除田(じよでん)と定田(じようでん)に分けられる。年貢・公事の免除された除田は,荘内の神田寺田,地頭・預所・下司・公文・田所・惣追捕使等の荘官,鍛冶・番匠等の職人の給免田(人給)からなり,定田(公田ともいわれる)はその主要部分が,しばしば均等な面積をもつ百姓名(平民名,土名)に結(ゆ)われ,おもだった平民百姓たちがそれを請け負って年貢・公事負担の責任を負った。…

※「定田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定田の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門得田・徳田久留美荘浮田荘太良荘倉見荘国衙名田斗代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android