コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

除田 じょでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

除田
じょでん

荘園制のもとで年貢公事賦課の対象となる定田に対し,神田寺田給田不作川成など課税免除の田地をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じょでん【除田】

平安末期から中世、年貢・諸役の対象とならない田地。荒田・神田・寺田など。 ↔ 定田

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の除田の言及

【川成】より

…洪水などのため,流失,崩失したり,土石にうずもれて耕作不能となった田畑。中世では除田(じよでん)として年貢,公事が免除された。川成となった場合,多くはまもなく堰溝(えんこう)を新・改掘し,また川石や埋土を除いて開発が図られた。…

【検注帳】より

…この文書は検注帳作成の過程で作られた例が少なくなく,これも領主のもとに届けられた。内容は検注帳と基本的には変わらないが,まず最初に惣田数と年間可収租税の総額を明らかにし,その次に右から〈除田〉として控除される各種の田地を列記する。すなわちその第1は〈荒田(こうでん)〉である。…

【荘園】より

… 平安末期から鎌倉前期の荘園公領制の確立過程で,荘園支配者にも交替はあったが,そのつど行われた検注により,個々の荘園の体制も確立していった。西国の場合,荘園の田地は田代・年荒・常荒等の荒田(こうでん)と,見作田(げんさくでん)に区分され,見作田から損田・川成(かわなり)・不作が差し引かれた上で,除田(じよでん)と定田(じようでん)に分けられる。年貢・公事の免除された除田は,荘内の神田寺田,地頭・預所・下司・公文・田所・惣追捕使等の荘官,鍛冶・番匠等の職人の給免田(人給)からなり,定田(公田ともいわれる)はその主要部分が,しばしば均等な面積をもつ百姓名(平民名,土名)に結(ゆ)われ,おもだった平民百姓たちがそれを請け負って年貢・公事負担の責任を負った。…

※「除田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

除田の関連キーワード均等名若槻荘荘園制倉見荘検注帳名田検注

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android