コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮内嘉久 みやうち よしひさ

2件 の用語解説(宮内嘉久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮内嘉久 みやうち-よしひさ

1926-2009 昭和後期-平成時代の建築ジャーナリスト,建築評論家。
大正15年1月4日生まれ。月刊誌「新建築」編集者などをへて,昭和33年宮内嘉久編集事務所をひらく。31年大谷幸夫(さちお)らと五期会を設立。44年AF(建築戦線)を結成し,建築家の体制癒着を批判した。平成21年12月13日死去。83歳。東京出身。東大卒。著作に「廃墟から」「少数派建築論」「建築ジャーナリズム無頼」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮内嘉久
みやうちよしひさ
(1926―2009)

建築評論家、編集者。東京生まれ。1949年(昭和24)に東京大学第二工学部を卒業後、建築界の民主化を旗印に1947年に結成された新日本建築家集団(NAU)の事務局員となり、当時活動の最盛期にあったNAUの機関誌の編集に従事する。1951年に国際建築協会編集局に入り、小山正和(1892―1970)のもとで、1950年に復刊された『国際建築』(美術出版社)の編集に携わる。1954年に同協会を辞し、彰国社に一時期籍を置いた後、1956年から新建築社で『THE JAPAN ARCHITECT』(雑誌『新建築』国際版)の立ち上げを担当。1957年に編集方針をめぐる対立から、川添登ら編集部全員とともに退社し、1958年に宮内嘉久編集事務所を設立。建築を専門とする編集事務所の先がけとなる。1960年から自ら企画した『建築年鑑』(美術出版社)を世に送り出し、1964年7月号から1967年6月号の廃刊まで『国際建築』の編集を担う。
 1967年に新たに建築ジャーナリズム研究所を設立。『建築年鑑』などを刊行するが、1969年に解散、個人の編集事務所としての活動を再開する。1970~1979年個人誌『廃墟から』を発行し、建築批評を展開。その独自の立場は、雑誌『新建築』に転載された「巨大建築論争の我流総括」(1976)などに明らかである。同論文は新宿三井ビルディングを批判した、神代(こうじろ)雄一郎(1922―2000)の「巨大建築に抗議する」(1974)に始まる「巨大建築論争」の総括を試みたもので、巨大スケールの建築に疑問を呈した神代の問題提起と、村松貞次郎による神代批判を中心に論争を整理し、建築批評のありかたを問題にした。
 著書には1950~1960年代の評論を収めた『少数派建築論』(1974)、『廃墟から』(1976)、1970年代の評論を中心とした論集『建築・都市論異見』(1984)などがある。それらに一貫するのは、人間性を圧迫する巨大資本などに対する闘争的な姿勢で、鋭い批判精神と「近代建築」が本来あるべき姿への信頼をもち続けた。そうした「近代建築」の代名詞にあげられるのが、深い親交をもった建築家前川国男である。前川の聞き取りを収めた『一建築家の信条』(1981)、唯一の本格的な作品集である『前川国男作品集』(1990)、主要な言説を集成した『建築の前夜』(1996)の編集に尽力し、「近代建築の闘将」という前川の印象を決定づけた。
 多くの建築家・評論家との交流は、1976~1986年発行の同人誌『風声(ふうせい)』(同人岩本博行(1913―1991)、大江宏、神代雄一郎、白井晟一(せいいち)、前川、武者英二(1936―2012)、宮内)、その後継誌として1987~1995年(平成7)発行の『燎(かがりび)』(同人大江、大谷幸夫、神代、永田祐三(1941― )、武者、宮内)などを生んだ。1996年から『建築ジャーナル』誌の編集顧問を務めた。[倉方俊輔]
『『少数派建築論』(1974・井上書院) ▽『廃墟から――反建築論』(1976・晶文社) ▽『建築・都市論異見――ジャーナリズムの周縁から』(1984・田畑書店) ▽『建築ジャーナリズム無頼』(1994・晶文社) ▽前川国男著、宮内嘉久編『一建築家の信条』(1981・晶文社) ▽前川国男著、宮内嘉久編『前川国男作品集――建築の方法』(1990・美術出版社) ▽前川国男著、前川国男文集編集委員会編『建築の前夜――前川国男文集』(1996・而立書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮内嘉久の関連キーワード松下芝堂青木和夫浅香鉄心荒川幾男今関一馬上田誠吉鈴木通夫藤田利夫三好行雄武藤嘉文

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮内嘉久の関連情報