コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江宏 おおえひろし

4件 の用語解説(大江宏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江宏
おおえひろし

[生]1913.6.14. 秋田
[没]1989.3.3. 東京
建築家。 1938年東京大学建築学科卒業。 46年に大江宏建築事務所を設立。また 48年から法政大学で教鞭をとり 50年教授に就任,工学部長もつとめた。大学の同級生である丹下健三と並んで,日本近代建築の旗手として活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大江宏【おおえひろし】

建築家。秋田県生れ。父は明治神宮宝物殿設計者の大江新太郎。東大建築学科卒。1946年大江建築事務所設立。1948年より法政大学教授。〈法政大学大学院〉(東京,1953年)によって戦後近代建築の先駆となるが,その後の世界旅行で非西欧的建築を体験し,〈乃木神社〉(東京,1962年),〈普連土学園〉(東京,1968年)など近代建築を相対化させる試みを行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江宏 おおえ-ひろし

1913-1989 昭和時代の建築家。
大正2年6月14日生まれ。昭和21年大江建築事務所を開設,23年法大教授。国立能楽堂などで現代建築に伝統的和風様式をいかす独自の作風を展開した。日本建築家協会長をつとめた。56年丸亀武道館などの設計で芸術院賞。60年芸術院会員。平成元年3月3日死去。75歳。秋田県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江宏
おおえひろし
(1913―1989)

建築家。秋田市生まれ。父は建築家大江新太郎。東京帝国大学工学部建築学科卒業。文部省宗務局保存課、三菱(みつびし)地所建築部を経て1946年(昭和21)大江建築事務所を設立。48年以降法政大学建築学科教授。東洋英和女学院小学部(1954)や、法政大学58年館(1958)など法政の諸施設を手がける。また、乃木(のぎ)神社(1962)、香川県立文化会館(1965)、国立能楽堂(1983)などで日本の伝統的表現を現代建築に取り入れ、独自の設計手法を展開した。[天田起雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大江宏の関連キーワード神宮神宮球場宝物殿明治神宮宝物殿鹿島神宮宝物館熱田神宮宝物館太宰府天満宮宝物殿秋田県大仙市神宮寺大江新太郎明治神宮大会

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大江宏の関連情報