コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江宏 おおえひろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大江宏
おおえひろし

[生]1913.6.14. 秋田
[没]1989.3.3. 東京
建築家。 1938年東京大学建築学科卒業。 46年に大江宏建築事務所を設立。また 48年から法政大学で教鞭をとり 50年教授に就任,工学部長もつとめた。大学の同級生である丹下健三と並んで,日本近代建築の旗手として活躍。初期の代表作に一連の法政大学校舎がある。 62年の乃木神社,68年の普連土学園校舎などで日本の伝統的建築,近代以前の地中海建築への興味を示し,「併存混在」を唱えて近代建築以後の多元論的建築の先駆となるが,明治神宮宝物館の設計で知られる父,新太郎の影響からか,次第に伝統的建築の新しい解釈に向い,83年に国立能楽堂を完成。 85年日本芸術院会員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大江宏【おおえひろし】

建築家。秋田県生れ。父は明治神宮宝物殿設計者の大江新太郎。東大建築学科卒。1946年大江建築事務所設立。1948年より法政大学教授。〈法政大学大学院〉(東京,1953年)によって戦後近代建築の先駆となるが,その後の世界旅行で非西欧的建築を体験し,〈乃木神社〉(東京,1962年),〈普連土学園〉(東京,1968年)など近代建築を相対化させる試みを行った。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江宏 おおえ-ひろし

1913-1989 昭和時代の建築家。
大正2年6月14日生まれ。昭和21年大江建築事務所を開設,23年法大教授。国立能楽堂などで現代建築に伝統的和風様式をいかす独自の作風を展開した。日本建築家協会長をつとめた。56年丸亀武道館などの設計で芸術院賞。60年芸術院会員。平成元年3月3日死去。75歳。秋田県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大江宏
おおえひろし
(1913―1989)

建築家。秋田市生まれ。父は建築家大江新太郎。東京帝国大学工学部建築学科卒業。文部省宗務局保存課、三菱(みつびし)地所建築部を経て1946年(昭和21)大江建築事務所を設立。48年以降法政大学建築学科教授。東洋英和女学院小学部(1954)や、法政大学58年館(1958)など法政の諸施設を手がける。また、乃木(のぎ)神社(1962)、香川県立文化会館(1965)、国立能楽堂(1983)などで日本の伝統的表現を現代建築に取り入れ、独自の設計手法を展開した。[天田起雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大江宏の関連キーワードジョンソン(Philip Johnson)仙北市立角館町平福記念美術館昭和時代宮内嘉久大江 宏浜口隆一国立劇場

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android