コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前川国男 まえかわくにお

6件 の用語解説(前川国男の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

前川国男
まえかわくにお

[生]1905.5.14. 新潟
[没]1986.6.26. 東京
建築家。 1928年東京帝国大学卒業後フランスに渡り,ル・コルビュジエの建築事務所に勤務。 30年帰国して A.レイモンドの建築事務所に勤め,35年独立。フラットルーフを基調とした軽快な作風で日本近代建築運動を推し進め,日本建築学会賞を数度受賞したほか,62年朝日文化賞,68年日本建築学会大賞,71年毎日文化賞,74年日本芸術院賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

前川国男【まえかわくにお】

建築家。新潟市生れ。1928年東大卒。ル・コルビュジエのもとで働き,1935年独立して建築事務所を開いた。鉄筋コンクリート構造の可能性を追求し,神奈川県立図書館・音楽堂,東京文化会館など多数の公共建築を設計。
→関連項目国立西洋美術館CIAM丹下健三東京都美術館富山県立近代美術館浜口隆一福岡市美術館宮城県美術館山梨県立美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前川国男 まえかわ-くにお

1905-1986 昭和時代の建築家。
明治38年5月14日生まれ。昭和3年フランスにわたり,ル=コルビュジエにまなび,日本近代建築界のリーダーとなる。戦後は紀伊国屋書店(22年),東京文化会館(36年),埼玉県立博物館(46年)などの建築で注目をあつめた。34年日本建築家協会会長。49年芸術院賞。門下に丹下健三ら。昭和61年6月26日死去。81歳。新潟県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まえかわくにお【前川国男】

1905‐86(明治38‐昭和61)
建築家。新潟市の生れ。1928年東京帝国大学建築学科を卒業後,渡仏してル・コルビュジエに師事し,近代建築の持つ倫理観に影響を受ける。帰国後多くの競技設計で国粋的な建築様式と対抗するが,〈大東亜建設記念営造物懸賞設計〉(1942)の審査員として丹下健三による軍国主義下の画期的作品を追認した。戦後は被災住宅の復興に力を注ぎ,また建築表現のための技術追求により戦後建築の基礎をひらいた。作品に紀伊国屋書店(1947),日本相互銀行本店(1952),東京文化会館(1961)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

まえかわくにお【前川国男】

1905~1986) 建築家。新潟県生まれ。東京帝大卒。ル=コルビュジエの下に学ぶ。日本の近代建築の動向に大きな影響を与えた。代表作に東京文化会館・東京海上火災ビル本館・東京都美術館など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前川国男
まえかわくにお
(1905―1986)

建築家。新潟市に生まれる。1928年(昭和3)東京帝国大学建築学科卒業。渡仏してル・コルビュジエに師事。2年後帰国し、レイモンド建築設計事務所に入る。35年独立して事務所を開設。東京帝室博物館の競技設計(1931)に落選を覚悟で新しいスタイルの計画案を応募するなど、昭和期の近代建築運動の主導者として活躍。ことに第二次世界大戦後の活動は目覚ましい。主要作に日本相互銀行本店(1952)、神奈川県立音楽堂および図書館(1954)、世田谷(せたがや)区民会館(1957)、京都会館(1960)、東京文化会館(1961)、埼玉県立博物館(1971)、東京海上火災ビル(1974)など。59~62年日本建築家協会会長を務め、74年日本芸術院賞を受賞。[天田起雄]
『足立光章他編『現代日本建築の源流 前川国男』(1984・プロセスアーキテクチュア) ▽前川国男著『前川国男 コスモスと方法』(1975・南洋堂出版) ▽前川国男・MID同人著『前川国男のディテール』(1979・彰国社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の前川国男の言及

【近代建築】より

…しかし同時にそのころ日本は第2次大戦に傾斜しつつあって,近代建築の造られる土壌は急速に衰えていく。戦時中の国粋的風潮のなかで近代化への情熱はひっそくし,わずかに前川国男が懸賞設計で時流に抵抗する姿勢を見せるにとどまった。 近代建築の発展と日本の風土のなかへの定着は第2次大戦後にもちこされる。…

【プレハブ建築】より

… 日本でプレハブ建築が普及するようになったのは第2次世界大戦後で,戦後の復興期には大量の住宅を急速につくらねばならず,住宅生産におけるプレハブ技術の開発導入が盛んに行われた。戦争直後には前川国男の設計による木質パネル工法〈プレモス〉が実施され,ほかにも多くの試みがなされた。1955年には軽量鉄骨の製造が始まり,60年代にはいわゆる鉄骨形プレハブ住宅の量産化が本格化することになる。…

※「前川国男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

前川国男の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府新興市場燃料棒レジ袋有料化

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

前川国男の関連情報