コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家産国家 カサンコッカ

4件 の用語解説(家産国家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かさん‐こっか〔‐コクカ〕【家産国家】

領土や人民などがすべて君主の私有物となされる国家。封建時代の国家、ことに領主国家がこれにあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

家産国家【かさんこっか】

ドイツ語のPatrimonialstaatの訳,財産国家とも。領土と人民を君主の所有物,戦争は私事,財政は私的収入とみなし,この基礎の上につくり上げられた国家。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かさんこっか【家産国家】

国家の基礎を君主の所有権に置こうとする国家。領土・人民などをすべて君主の私有物とみなす。封建時代の国家は多くこのような性格をもっていた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家産国家
かさんこっか
Patrimonialstaatドイツ語

中世の領主国家のように、国家は領主の私的世襲財産であるとみる政治共同体。ここでは、領土や領民は領主の私有物、財政は領主の私的収入、戦争は領主の私事とみなされ、その支配は絶対的であり、領民の自由はほとんど認められない。家産制の語はスイスの政治家・国法学者ハラーの『国家学の復興』6巻(1816~25)に由来する。彼はルソー政治思想に反対し、封建秩序の維持を唱えて家産国家論を展開。したがって、この国家論は小さな分邦国家としての領主国家を基礎づける理論とはなるが、近代国家の前段階としての巨大な中央集権絶対主義国家の理論づけとしてはかならずしも適当ではなく、ましてや個人の自由や民主的政治制度の確立を前提とする近代的な市民国家にとっては敵対理論となる。家産国家、家産制、家産官僚制などの語は、マックス・ウェーバーが支配の三類型(合法的・伝統的・カリスマ的支配)を分類したとき、家産制的支配を伝統的支配の一型態として位置づけてから社会科学用語の一概念として注目されるようになった。[田中 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家産国家の関連キーワードカルキグリム西ドイツ統一ドイツラジオ まいにちドイツ語積法則ドイ語関口存男藤田五郎(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家産国家の関連情報