コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士見町 ふじみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士見〔町〕
ふじみ

長野県南東部,八ヶ岳の南西に広がる町。 1955年富士見村,本郷村,境村,落合村が合体して町制。八ヶ岳の広大な斜面は富士見高原と呼ばれ,酪農や高冷地野菜の栽培が行われる。また標高 1200m付近まで水田があり,代表的な高冷米作地として知られる。別荘地の開発も進んでいる。縄文時代中期の井戸尻遺跡群 (史跡) がある。南西部は赤石山脈の北東斜面にかかり,入笠山には牧場がある。町域の一部は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。 JR中央本線,国道 20号線が通り,中央自動車道の諏訪南インターチェンジがある。面積 144.76km2(境界未定)。人口 1万4493(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

富士見町の関連情報