コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富弼 ふひつ Fu Bi; Fu Pi

3件 の用語解説(富弼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富弼
ふひつ
Fu Bi; Fu Pi

[生]景徳1(1004)
[没]元豊6(1083).閏6.22.
中国,北宋の政治家。河南 (河南省洛陽) の人。字は彦国。諡は文忠。仁宗の宝元2 (1039) 年西夏李元昊の反逆に対して8条の建議を行なった。慶暦2 (42) 年契丹が関南の地を要求したとき,知制誥であった彼は契丹に使いしてその要求を拒み,屈することがなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふひつ【富弼 Fù Bì】

1004‐83
中国,北宋の政治家。字は彦国。河南省洛陽の人。范仲淹に見いだされ,そのすすめで制科(官吏登用の特別試験)に及第した。たびたび遼に使いして国境問題の交渉をまとめ,両国間の衝突を回避させた。その功によって枢密副使となり,1055年(至和2)には宰相にのぼり,穏健な政治を行って,後世,宋代名臣の一人に数えられる。王安石の新法が始まると,これに激しく反対して地方に出され,ついで退官した。【竺沙 雅章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富弼
ふひつ
(1004―1083)

中国、北宋(ほくそう)の政治家。河南(河南省洛陽(らくよう))出身。若くして范仲淹(はんちゅうえん)にみいだされ、仁宗期には韓(かんき)、范仲淹、欧陽修(おうようしゅう)、文彦博(ぶんげんはく)らとともに名臣と称された。とくに外交に意を用い、当時の大問題であった東北の遼(りょう)と、西北の西夏(せいか)との対外交渉にあたった。1043年に枢密副使となり、関南の地の割譲を求めた遼に自ら赴き、歳幣(さいへい)を増額することによって危機を回避した。しばしば宰相となったが、55年には文彦博とともに政治を裁量した。地方官としての実績もあり、48年の河北の洪水のときに被災者50余万人を救済したのは有名である。しかし、神宗が即位し王安石が登用されると、王安石とあわず、強く反対して地位を落とされ辞職した。[伊原 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富弼の関連キーワード曹知白東周文彦博永寧寺宋敏求竜門郭熙桓寛山濤清明上河

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone