コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富津岬 ふっつみさき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富津岬
ふっつみさき

千葉県南西部,東京湾に突出する長大な砂州富津市に属する。三浦半島の走水 (はしりみず) との間で最短路をなし,この線で東京湾を内湾と外湾に分ける。この砂洲は東京湾の東を北上する沿岸流によって形成されたもので,先端は高さ 10m以上の丘となっている。近世には江戸幕府の砲台がおかれ,第2次世界大戦までは要塞地帯であった。南房総国定公園に属し,海水浴場,富津公園,宿泊施設が整備されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふっつ‐みさき【富津岬】

千葉県南西部、富津市にある岬。ツルのくちばしのように東京湾に突き出た約5キロメートルの砂州。約7キロメートルほどの海をはさんで向かい合う、神奈川県の観音崎とともに東京湾の入り口に位置する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふっつみさき【富津岬】

千葉県富津市,房総半島から東京湾に突き出た長さ約3kmの砂嘴(さし)。富津州(ふつつのす)とも呼ばれる。浦賀水道の千葉県側を北上する沿岸流と東京湾(内湾)を南下する沿岸流とが運ぶ砂が富津沖で堆積して形成された。対岸の三浦半島の観音崎まではわずか7~8kmで,船舶の出入りの激しい東京湾の入口となる。最近では北側の沿岸部が埋立てられて京葉工業地域の一部となり,沿岸流や堆砂量が変化したため,砂嘴の形態は崩れつつある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔千葉県〕富津岬(ふっつみさき)


千葉県富津市の西部、東京湾に突き出た砂州の先端。浦賀(うらが)水道を隔てて南西8kmの三浦(みうら)半島観音(かんのん)崎に相対する。東京湾航路の要衝で、沖合に第1海堡(かいほ)・第2海堡、横須賀(よこすか)市寄りに第3海堡がおかれている。岬の基部は富津公園でジャンボプールがあり、海水浴・潮干狩りの基地。岬の先端部に展望台がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富津岬
ふっつみさき

千葉県南西部、富津市にある岬。長さ約5キロメートルにわたって鳥のくちばし状に延びた砂嘴(さし)で、東京湾を内湾と外湾に分ける。小糸川から流れ出た土砂や磯根岬(いそねざき)からの砂が潮流で堆積(たいせき)して砂嘴を前進させた。潮風と飛砂を防ぐ人工植栽のクロマツが緑地をなし、海浜植物群落は県天然記念物に指定されている。幕末に老中松平定信(さだのぶ)が砲台を築き、明治時代に入ると一帯は要塞(ようさい)地帯として東京湾防衛のため第一~第三海堡(かいほう)がつくられた。第二次世界大戦後は一般に開放され、南房総国定公園の観光拠点として整備が進んだ。岬周辺には潮干狩場、海水浴場やノリ養殖場があり、海面の利用状況がよく観察できる。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

富津岬の関連キーワード富津[市]富津(市)第二海堡房総丘陵第一海堡第2海堡横須賀尖角岬沖合青堀要衝内房

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富津岬の関連情報