コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対照言語学 たいしょうげんごがく contrastive linguistics

4件 の用語解説(対照言語学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対照言語学
たいしょうげんごがく
contrastive linguistics

言語学の研究方法の一つ。2つまたはそれ以上の言語を比べ合せて,それらの相違点や共通点を研究する。比べ合せる言語には系統上,時代上などの制限はない。この点,比較言語学とは目的も方法もまったく異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいしょう‐げんごがく〔タイセウ‐〕【対照言語学】

言語学の一分野。同系統か否かを問わず、二つ以上の言語を対比してその相違を明確にとらえようとするもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

対照言語学【たいしょうげんごがく】

系統関係を前提とせず,あるいはその立証を目的とせず,二つの言語の音韻,文法などの体系を相互に比較する言語学の一分野。比較言語学とは異なる。おもに外国語教育において,特定言語の話者が特定言語を学習する際に犯しやすい誤りを予想し,その理由を明らかにすることで,教育法や教材を効率的なものする手段として近年盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たいしょうげんごがく【対照言語学】

二つ以上の言語を、系統と無関係に比べてその異同点を明らかにする言語学の一分野。系統に縛られていた従来の比較言語学よりも対象が自由に広げられるため、特に二言語併用、機械翻訳、外国語教育などの応用言語学的側面においてめざましい成果をあげている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対照言語学の関連キーワード行動経済学公理国民政党歯式支配非訟事件遺棄間接推理保険関係差押

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone