コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対照言語学 たいしょうげんごがくcontrastive linguistics

4件 の用語解説(対照言語学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対照言語学
たいしょうげんごがく
contrastive linguistics

言語学の研究方法の一つ。2つまたはそれ以上の言語を比べ合せて,それらの相違点や共通点を研究する。比べ合せる言語には系統上,時代上などの制限はない。この点,比較言語学とは目的も方法もまったく異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

対照言語学【たいしょうげんごがく】

系統関係を前提とせず,あるいはその立証を目的とせず,二つの言語の音韻,文法などの体系を相互に比較する言語学の一分野。比較言語学とは異なる。おもに外国語教育において,特定言語の話者が特定言語を学習する際に犯しやすい誤りを予想し,その理由を明らかにすることで,教育法や教材を効率的なものする手段として近年盛んになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしょうげんごがく【対照言語学】

二つ以上の言語を、系統と無関係に比べてその異同点を明らかにする言語学の一分野。系統に縛られていた従来の比較言語学よりも対象が自由に広げられるため、特に二言語併用、機械翻訳、外国語教育などの応用言語学的側面においてめざましい成果をあげている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone