コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封禁 ふうきん feng-jin; fêng-chin

2件 の用語解説(封禁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封禁
ふうきん
feng-jin; fêng-chin

中国で特定の地域への立入りを禁止したこと。中国の各王朝は,治安維持のため,風水害のおそれのある地域,少数民族と漢人とが隣接する山峡,墓地などへ民衆が立入ることを法的に禁じた。特に山峡地域では禁山とも呼ばれ,とかく反乱の温床ともなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふうきん【封禁 fēng jīn】

中国で,特定の土地に人民が入り込み,その土地を開墾,耕作することを禁止すること。古くからの反乱発生地域や,少数民族居住地との境界となっている山地,水害のおそれのある水路,墓陵の地などが封禁とされた。しかし史上に最も有名なのは,清朝が漢人の満州地域への移住に対して施行した封禁令である。清朝はこの地域すなわち瀋陽・吉林・黒竜江三省地方は満州族発祥の地というのでその旗地の経営には大きな関心をはらった。ところで清朝が中国に入り北京に都を定めると,旗人の大部分が中国内地に移り,満州の人口は激減して耕地は荒廃した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の封禁の言及

【吉林[省]】より

…明代には少数の漢族,朝鮮族の移住も見られ,農業に従事したが,その影響は少なかった。明末以後満州族の南下,清王朝の成立の結果,満州族は大量に南遷し,また祖宗の地には漢族を流入させないよう封禁(ふうきん)政策をとったため,農地は荒廃した。特に長白山地地域は,ニンジン採取と狩猟場とされ,また東豊,海竜,輝南,盤石一帯は清の囲場とされたし,松花江沿岸の法特から長春の南,開原県北東を経て山海関に至る〈柳条辺牆〉の西方がモンゴル族の牧地とされ,東に越えることは許されなかった。…

※「封禁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

封禁の関連キーワード地役権入り込み・入込み座り込み土着潜り込む入り込み添地彫込み中国の土地制度

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone