コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付属/附属 フゾク

2件 の用語解説(付属/附属の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐ぞく【付属/附属】

[名](スル)
主になるものに付き従っていること。また、そのもの。「会社に―する研究所」
付属学校」の略。「―の生徒」
(「付嘱」とも書く)仏語。師が弟子に教えを授け、さらに後世に伝えるよう託すること。付法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

付属

私立大学において直系の付属高校から進学してくる学生の総称。受験を経験しないため偏差値的学力は劣ることが多いが、遊びや人的ネットワークなど、それ以外のキャンパス生活の知恵や経験にたけている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付属/附属の関連キーワード腰巾着扈従尻付き副え馬陪観傅育物になる隷従沿う弁当持

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone