付属(読み)フゾク

デジタル大辞泉「付属」の解説

ふ‐ぞく【付属/附属】

[名](スル)
主になるものに付き従っていること。また、そのもの。「会社に―する研究所」
付属学校」の略。「―の生徒」
(「付嘱」とも書く)仏語。師が弟子に教えを授け、さらに後世に伝えるよう託すること。付法。
[類語](1付随付帯配属所属直属専属帰属従属隷属隷従無所属属する配置役を振る付き従う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「付属」の解説

【付属】ふしよく

依頼する。〔隋書芸術、来和伝〕(上表)臣、永門東に在り。北面して立つ。陛下臣に問うて曰く、無きや不(いな)やと。臣陛下に奏して曰く、の骨法氣色相ひ應ず、天命已に付屬するりと。未だ(いく)ばくならずして、百揆べたまへり。

字通「付」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android