コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)帯 ツケオビ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐おび【付(け)帯】

お太鼓と胴の部分とを別々に仕立てた女帯。大正の末ごろ簡単に締められるように考案された。文化帯。軽装帯。結び帯。
武家の婦人が夏季の礼服に用いた下げ帯

ふ‐たい【付帯/附帯】

[名](スル)主となる物事に付け加えること。また、付け加わること。付随。「権利の行使に―する義務」「―事項」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の付(け)帯の言及

【帯】より

…白地の掛下帯は主として婚礼に使われていたようである。掛下帯に対して,夏の帷子(かたびら)には10cm前後の幅の細帯が用いられ,これを付帯(つけおび)といった。付帯は両端に30~60cmほどの長さの芯(しん)を入れて使用したところに特徴がある。…

【腰巻】より

…表は黒地に色糸でこまかい〈宝尽し〉や〈松竹梅〉などのめでたい模様をぬいとりし,裏は赤の無地の袷(あわせ)仕立てで綿ははいっていない。形は小袖や打掛とほとんど異なるところはないが,けっして腕を通して着用されることのないのが特徴で,下に麻の襲(かさね)つきの帷子(かたびら)を着,その上に付帯(つけおび)という2寸5分(約7.5cm)幅くらいの細い帯を締める。帯は両端が筒になっており,ここへ堅い芯がはいるので,締めると帯の端が左右へ角のようにつきでる。…

※「付(け)帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android