コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)帯 ツケオビ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐おび【付(け)帯】

お太鼓と胴の部分とを別々に仕立てた女帯。大正の末ごろ簡単に締められるように考案された。文化帯。軽装帯。結び帯。
武家の婦人が夏季の礼服に用いた下げ帯

ふ‐たい【付帯/附帯】

[名](スル)主となる物事に付け加えること。また、付け加わること。付随。「権利の行使に―する義務」「―事項」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の付(け)帯の言及

【帯】より

…白地の掛下帯は主として婚礼に使われていたようである。掛下帯に対して,夏の帷子(かたびら)には10cm前後の幅の細帯が用いられ,これを付帯(つけおび)といった。付帯は両端に30~60cmほどの長さの芯(しん)を入れて使用したところに特徴がある。…

【腰巻】より

…表は黒地に色糸でこまかい〈宝尽し〉や〈松竹梅〉などのめでたい模様をぬいとりし,裏は赤の無地の袷(あわせ)仕立てで綿ははいっていない。形は小袖や打掛とほとんど異なるところはないが,けっして腕を通して着用されることのないのが特徴で,下に麻の襲(かさね)つきの帷子(かたびら)を着,その上に付帯(つけおび)という2寸5分(約7.5cm)幅くらいの細い帯を締める。帯は両端が筒になっており,ここへ堅い芯がはいるので,締めると帯の端が左右へ角のようにつきでる。…

※「付(け)帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

付(け)帯の関連キーワード二輪自動車・原動機付自転車に関する盗難危険不担保特約クレジットカード付帯旅行傷害保険UCSカード DriveAidPADIカード《セゾン》若狭たかはま漁火想花火フルサービス航空会社カウンターパーチェス税務大学校租税史料室積立特約セット商品日本テレコム[株]運転者家族限定特約ブランド化サービストッピングカード共通団体傷害保険農業生産関連事業大島納涼花火大会スプリンクラ保険第二電電[株]相対的免責危険絶対的免責危険

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android