コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専門職制度 せんもんしょくせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

専門職制度
せんもんしょくせいど

専門的知識や技能を有する従業員管理職と同等に処遇しようとする人事管理制度。日本ではゼネラリストであるライン管理者に比べて,ポストをもたない技術者などのスペシャリストの処遇が低くなる傾向があるため,その是正のために導入されることが多いが,日本企業では伝統的にライン志向が強いため,必ずしもうまく機能しているとはいえない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

人材マネジメント用語集の解説

専門職制度

・部長、課長、係長といった管理職のラインとは別に、専門的な知識や技術・技能の持ち主に対して、ラインとは異なった処遇を適用すること。非常に高い専門性を保持している場合等は、ラインの報酬を上回ることもある。
ビジネスモデル変遷の早期化、技術革新のスピードが速い現代では、専門家の知識や技術は企業の発展上、不可欠であるため、それを適切に評価し、処遇することは従業員のモラールを高める意味で効果が期待できる。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんもんしょくせいど【専門職制度】

一般に日本の専門職制度とは,一企業内の仕事を通じて専門的な知識・能力を身につけた人材を,部長―課長―係長といったライン管理職とは別に処遇する制度を指している。医師,弁護士,公認会計士などの社会的に通用するプロフェショナルの意味ではない(これについては〈専門職〉の項参照)。 この制度が導入された理由としては,第1に,社員のもつ専門性を十分に活用するため,部下の管理などの業務から解放して専門業務に専念させる,第2には管理職ポスト不足に対する対応策,の二つが考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

専門職制度

専門的な職務を,その職務についての知識や技術を持つ専門職が管理,運営していく制度.西洋では,聖職者,医師,法律家が伝統的な専門職とされてきた.これらの専門職は,その職が社会的に有用であることが外部から認知され,その構成員が訓練を受け一定水準の知識と技術を持つことを前提とした上で,自律的にその職務を果たしていく.専門職制度を維持するための専門職団体を持ち,その資格の認定に関与するとともに,その構成員を統制し,専門職のレベルを保つ活動をしている.現代では,教育,看護,福祉関係などに新たな専門職が成立してきており,図書館の専門的職員もこれに含まれる.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

専門職制度の関連キーワードキャリア・ディベロップメント・プログラムアメリカ図書館協会コミュニティ・ケア図書館事務職

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

専門職制度の関連情報