射撃管制装置(読み)シャゲキカンセイソウチ

デジタル大辞泉の解説

しゃげきかんせい‐そうち〔シヤゲキクワンセイサウチ〕【射撃管制装置】

目標に対して、射撃の方位・角度などを照準し、指示する装置。レーダー・コンピューターなどを組み合わせて作る。火器射撃統制装置

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

射撃管制装置【しゃげきかんせいそうち】

fire control systemの訳で射撃指揮装置,射撃統制装置,火器管制装置などとも訳される。略してFCS。戦車砲,高射砲航空機および艦船積載砲,誘導弾,ミサイル等において,目標の発見,速度・距離測定および射撃諸元の算定をすべて自動的に行い,遠隔操縦によって照準を定め目標が射程内に入れば指示により火砲を随時発射させる射撃装置。探知・追尾用レーダー,計算機,サーボ機構などからなる。
→関連項目機関銃

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃげきかんせいそうち【射撃管制装置 fire control system】

FCSと略称する。射撃指揮装置,射撃統制装置,火器管制装置などとも訳される。高射砲,機関砲,爆弾,ロケット弾,ミサイルなどの武器は,航空機,艦船などの移動する物体から発射されることが多く,また攻撃目標も航空機,艦船,車両など移動する物体の場合が多い。このような場合,現在目標がいる位置に向けて武器を発射しても,武器がその位置に到達するときには目標は動いた後なので命中しない。このため,目標の移動方向や速度と,武器を搭載している航空機などの速度および武器自身の速度,飛翔性能などから,目標と武器の位置が未来において一致する点(未来位置)を求め,発射方向を決定する必要がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

射撃管制装置の関連情報