コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊永寺 そんえいじ

大辞林 第三版の解説

そんえいじ【尊永寺】

静岡県袋井市にある寺。高野山真言宗の別格本山。山号、法多はつた山。行基ぎようきの草創と伝える。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

尊永寺

静岡県袋井市にある寺院。725年創建。高野山真言宗別格本山本尊は正観世音菩薩。名物の厄除団子は江戸時代に徳川家から「くし団子」と命名されたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尊永寺
そんえいじ

静岡県袋井市豊沢にある寺。高野山真言(こうやさんしんごん)宗の別格本山。山号の法多山(はったさん)で親しまれている。本尊の正観音(しょうかんのん)は古来、厄除(やくよ)け観音として広く信仰される。725年(神亀2)聖武(しょうむ)天皇の勅命を受けた行基(ぎょうき)が自刻の観音像を安置したのが始まりと伝え、その霊験が京都に聞こえ白河(しらかわ)・後白河(ごしらかわ)天皇の尊信を得、勅願道場として定額寺(じょうがくじ)の列に遇せられた。永禄(えいろく)年間(1558~70)武田勢の兵火にかかり一山烏有(うゆう)に帰したが、豊臣(とよとみ)秀吉、徳川家康の寄進により復旧。中世以来、寺は12院で構成されていたが、なかでも一乗院がその中心であった。しかし明治の初め朱印地の返還により縮小され、子院は旧学頭正法院のみ残して廃止、一山の総号として尊永寺と改称した。1983年(昭和58)秋に伽藍(がらん)諸堂を新築竣工(しゅんこう)、境内の景観を一新した。仁王門は1640年(寛永17)の再建で、密教法具の金銅五種鈴とともに国重要文化財に指定されている。1月7日に五穀豊饒(ほうじょう)祈願として奉納される田遊(たあそび)祭田楽(でんがく)は県の無形民俗文化財。[野村全宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尊永寺の言及

【遠江国】より

…その一端は今川氏や,とくに徳川氏の天正年間(1573‐92)の浜松宿中にあてた伝馬手形,池田や馬籠などの渡船場保護の定書,駿府~岡崎間の宿中に下した伝馬朱印状などからうかがうことができる。 宗教的には,遠江では鴨江寺,尊永寺,西楽寺など,元来は真言宗の影響が強かった。しかし中世後期には,禅宗それも曹洞宗が大いに発展し,如仲天誾(じよちゆうてんぎん)の開いた森の大洞院や華蔵義曇の開いた引間の随縁精舎(普済寺の前身)などが教線拡大の一大拠点となった。…

※「尊永寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尊永寺の関連キーワード静岡県袋井市袋井(市)小笠山山号草創

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android