コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導電材料 どうでんざいりょうelectric conductor

3件 の用語解説(導電材料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

導電材料
どうでんざいりょう
electric conductor

電気機器,送配電設備で,電気を通じるために使われる材料。銅,アルミニウムのような金属材料のほか,黒鉛,シリコンカーバイドのような半導体などがあり,その種類もきわめて多い。さらに使用目的で大きく分けると,(1) 電流の損失をより少くし,電流を能率よく流すための,いわゆる導電効率を目的とした導電用材料と,(2) 電熱線,抵抗体として用いられるもののように,電気抵抗が比較的大きいことを目的とした抵抗材料,(3) 抵抗が小さいことと同時に,耐摩耗性あるいは摺動性が必要とされる接点材料,ブラシ材料,(4) ヒューズフィラメント材料などの特殊目的に用いられる特殊導電材料などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうでんざいりょう【導電材料 electric conductor】

電気を種々の分野で利用するために,電流を特定の個所に伝え導くのに用いられる材料。電流をできるだけ小さい損失で伝える必要があるので,まず第1に電気抵抗率が小さいことが要求される。常温では銀が最も電気抵抗率が小さく,次いで銅,アルミニウムの順に大きくなる。銀は高価であるから接点材料のように少量で間に合う分野に使用されているだけである。したがって,現在は銅が導電材料として最も広く使用されている。銅はそのままでは強度が低いので,多くの場合,電気抵抗率があまり上昇しない程度に少量の合金元素を添加したうえで熱処理を施して使用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

導電材料
どうでんざいりょう

電力損失(あるいは電圧降下)の小さい状態で、電流を導くことを目的とした材料。電線やケーブルの導体となる。電力損失は導体の電気抵抗に比例するので、導電材料は抵抗率が小さく、その逆数の導電率が大きいことが望ましい。さらに実用面からは、加工性、機械的性質耐食性のほか、経済性も重要で、銅とアルミニウムおよびそれらの合金が広く使われている。
 銅は銀に次いで導電率が高く、加工が容易なうえに、機械的性質、耐食性も良好なため、導電材料としてはもっとも多く使われている。また電車への電力供給線(トロリー線)、機器用配線、電子部品のリード線など、機械的性質や耐熱性の改善が必要な場合には、銀、スズ、クロム、ニッケル、ジルコニウム、鉄、ケイ素などを少量加えた合金が用いられる。
 アルミニウムは、銅に対して導電率は約60%、引張り強さは約40%と低いが、密度は約3分の1であり、軽い。したがって銅線と同じ導体抵抗をもつアルミニウム電線では、直径は約1.3倍と増えるが、質量はほぼ半減する。この軽量の利点を生かし、中心部の鋼撚(よ)り線で強さを補った鋼心アルミ撚り線は、ほとんどすべての高圧架空送電線に採用されている。この場合、導電率をあまり低下させない範囲で、少量のジルコニウムを加えた耐熱合金、マグネシウム、ケイ素、鉄、銅などを加えて強さを改善した合金も、純アルミニウムと同様に使われている。
 また銅と鋼、アルミニウムと鋼、銅とアルミニウム、ニッケルと銅を組み合わせた複合材や、銅、アルミニウムまたはそれらの合金線に貴金属やはんだをめっきした材料も、それぞれの特徴を生かして、種々の用途に使われている。[長沼義裕・大木義路]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

導電材料の関連情報