コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小型家電リサイクル

2件 の用語解説(小型家電リサイクルの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小型家電リサイクル

対象は電話帰ラジオ、掃除帰デジタルカメラ、時計、ゲームリモコンなど約100品目。環境省によると、国内で捨てられる小型家電に含まれる有用金属は年間約28万トン(844億円相当)。国内需要量の6・4%にあたる金、3・7%にあたる銀のほか、レアアース(希土類)も含むとされ、「都市鉱山」として注目されている。

(2013-05-14 朝日新聞 朝刊 福井全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小型家電リサイクル
こがたかでんりさいくる

使用済みの携帯電話パソコン、ゲーム機、デジタルカメラなどの小型の家電製品を回収し、製品に含まれる金、白金、鉄、パラジウムなどの金属を取り出し、再利用すること。2013年(平成25)4月に施行された小型家電リサイクル法(正式名称「使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律」、平成24年法律第57号)に基づきスタートした。環境省の調べでは、日本では毎年約65万トンの小型家電が廃棄され、含まれる約28万トン(844億円相当)の有用な金属のほとんどが回収されず、埋め立て処理されたり、海外に流出したりしている。この住宅や街に眠る「都市鉱山」ともよばれる貴重な資源を再利用することが目的で、環境省は2016年3月までに、年間14万トン(国民1人当り1キログラム)の小型家電製品の回収を目ざしている。
 リサイクルの対象は、電話機、スマートフォン、AV機器、ビデオカメラ、プリンター、電子書籍端末、電動ミシン、電気時計、ドライヤー、扇風機、電子レンジ、炊飯器、照明器具など簡単に運搬できる製品、28分類100品目以上に及ぶ。2001年に家電リサイクル法で回収が義務づけられたテレビ、冷蔵庫、洗濯機・乾燥機、エアコンを除く、ほぼすべての家電製品が対象である。ここから鉄、アルミニウム、銅などの通常金属(ベースメタル)のほか、金、銀、白金などの貴金属、パラジウム、セレン、テルルなどの希少金属(レアメタル)など16種類を回収する。家電リサイクル法と異なり、小型家電リサイクル法は消費者負担を求めず、あくまで自主的な回収に任されている。回収は地方自治体が窓口となり、専用の回収箱を公共施設や商業施設に設置するほか、集めた不燃ごみや金属ごみから家電製品をピックアップ回収する。携帯電話やパソコンなどには個人情報が残っている可能性が高いため、回収箱などは施錠し回収過程で個人情報が漏れないようにする。
 国の認定を受けたリサイクル業者が地方自治体から無償で家電を引き取り、回収品を破砕・溶解して、貴金属やレアメタルを取り出す。認定業者は市町村長から廃棄物処理業の許可を受ける必要はなく、地方自治体を通さない独自収集も認められる。小型家電リサイクルを採算に乗せるには、広域から大量の廃家電を集める必要があり、政府は自治体からの引き取りを無償にしたり、市町村認可を不要とすることで、全国規模や複数都道府県にまたがって事業を展開する大規模リサイクル業者の育成を目ざす。また、家電メーカーや販売店が自主的に進めてきた携帯電話やパソコンのリサイクルは従来どおり続けられる。
 しかし、小型家電リサイクル法では回収を義務化していないため、2013年4月時点で小型家電リサイクル制度に参加する意向を示した地方自治体は約3割にとどまった。どの家電製品を回収するかも自治体の判断に任されており、回収費用も自治体負担となっている。このためリサイクル業者が収益の一部を自治体に還元する制度の導入や、低コストのリサイクル技術の開発などが今後の課題となっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小型家電リサイクルの関連キーワードデジカメデジタルスチルカメラコンパクトデジタルカメラスチールカメラデジタル一眼レフカメラデジタルスチールカメラ一眼レフデジタルカメラトイデジタルカメラデジタルカメラマガジンデジタル対応レンズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小型家電リサイクルの関連情報